藤原氏

no image

平安時代

保元の乱を簡単にわかりやすく!対立図でしっかりイメージしよう。

今回はいよいよ保元の乱本編とその後について見ていくよ。   保元の乱に至るまでの対立関係については、過去記事で詳しくやってるから分からない人はここから 皇室内の対立→https://jahi ...

no image

平安時代

保元の乱までの経緯をわかりやすく。②藤原頼長と藤原忠通

保元の乱で中心となった対立は、前回見てきた「皇室内の対立」なわけだけど、 これに摂関家の対立も加わってくる。   どういうことか、詳しく見ていこう。

no image

平安時代

保元の乱までの経緯をわかりやすく。①崇徳上皇と鳥羽上皇

さ~、今回からいよいよ平安時代も戦乱の世へと移り変わっていくよ。 蹴鞠けまりしてる場合じゃない。   今回のテーマである保元ほうげんの乱は、ハッキリ言って超分かりにくい。 何が分かりにくいっ ...

no image

平安時代

白河天皇(上皇・法皇)の院政とは?摂関政治衰退との関係

延久の荘園整理令を断行し、摂関家でもある藤原氏の横暴に一石を投じた後三条天皇。   絶大な力を持っていた摂関家・藤原氏の不利益になるような、大胆な荘園整理令をなぜ後三条天皇が打ち出せたのかと ...

no image

平安時代

延久の荘園整理令をわかりやすく!荘園公領制との関係も。

平安時代は末期に向かうにつれて、貴族や寺社がたくさんの荘園を私有するようになった。 おまけに不輸の権、不入の権まで持った荘園が出てきたりもして、徴税がどんどん難しくなっていった。   これま ...

no image

平安時代

後三年の役を簡単にわかりやすく!源義家の干渉がスゴイ

前九年の役で、一気にその地位を上げた源氏と清原氏。   しかし、急に大きな権力を得たり裕福になったりすると、どうしてか綻ほころびが出てきちゃうんだよね~。 今も昔も変わらないね。 &nbsp ...

no image

平安時代

不輸・不入の権をわかりやすく。なぜ許可してしまったの?

寄進地系荘園が誕生したのは、国司によるムチャな増税への対処がきっかけだったよね。 大金持ちってのは大体それ相応の権力を持ってるんで、国司たちも横暴な徴税がしにくかった。   だからそこまで権 ...

no image

平安時代

承平・天慶の乱をわかりやすく。その歴史的意義とは?

醍醐天皇時代の「延喜の治」、村上天皇時代の「天暦の治」の間にいた、影の薄い天皇の名前を覚えてるかい?   朱雀すざく天皇ね。   天皇自身が病弱で幼かったことや、乱・天災のオンパレ ...

no image

平安時代

延喜・天暦の治を簡単にわかりやすく!時の天皇についても。

今回は、尚泰しょうたいの変で脱・藤原を考えていた菅原道真が消されてからのお話。   前回の記事で書いたように、尚泰の変が起きた時の天皇は醍醐だいご天皇。 実は、この醍醐天皇の治世と、そこから ...

no image

平安時代

阿衡(あこう)の紛議/阿衡事件を簡単にわかりやすく!

藤原良房が応天門の変で自身の地位を確立した、ってのは前回見てきたね。   良房はその後、異例の摂政就任など最強の地位と権力を手に入れることに成功し、藤原氏の権威を爆上げすることに成功した。 ...

Copyright© 大学受験の日本史を極めるブログ , 2019 All Rights Reserved.