江戸の交通

河村瑞賢は明暦の大火で大儲け!御家人にまで登りつめたぞ!

前回までで、江戸の陸上交通(五街道や飛脚など)について見てきたね。

 

次に見ていくのは、江戸時代の海上交通。

江戸の航路は、ある人物をきっかけに大きく変化したんだ。

 

その人物こそ、今回紹介する河村瑞賢だ。

 

この人物はあの「明暦の大火」から頭角を現し始めた人物だよ。

 

続きを読む

江戸時代の宅配便「飛脚」の速さがヤバい!?

江戸時代の輸送・通信手段として利用されたのが、「飛脚」。

 

「飛脚」のすごいところは『組織』として成り立っていたこと。今のヤマト運輸や佐川急便みたいな感じだね。

 

今回はそんな飛脚について、また飛脚って実際早いの?という疑問にも注目してみるよ。

 

続きを読む

宿場(宿駅)ってなに?江戸時代の宿事情を解説!

 

前回は、『五街道』について解説してきたね。

 

『五街道』の一番の存在理由は、大名などの移動のためだね。一応大名優先なんだけど、もちろん一般人も使うことができた。

 

今回は、そんな幹線道路に付随して存在した「宿場」について見ていこう。

 

続きを読む

五街道の覚え方!語呂合わせも

 

江戸時代において、参勤交代をはじめとする大名の移動には「幹線道路」が使用されていた。

 

それが、『五街道』と呼ばれる道路。

 

この五街道は現代においても幹線道路として使われている。

詳しく見ていこう。

 

続きを読む