仏印進駐

ABCD包囲網とハル・ノートで、太平洋戦争突入へ。

南部仏印進駐で冷えるところまで冷え切った日米関係。

アメリカから日本への石油輸出が全面的に禁止されるという強烈な経済制裁によって、日本は窮地に立たされたんだったね。

 

ところで、日本の南部仏印進駐に警戒感を持っていたのは何もアメリカだけじゃない。

前回の記事で、仏印の近くにはイギリスやオランダの植民地もある、と書いたよね。

 

当然この近くに日本軍が進駐したとなれば、イギリス・オランダは脅威に思うわけだ。

そしてこの国々が手を組んで、“日本を包囲”し始める。

続きを読む

南部仏印進駐は、アメリカとの太平洋戦争「回帰不能点」。

日本は、ドイツがフランス侵攻を行ったことに付け込んで北部仏印進駐を果たした。

こうして援蒋ルートのひとつ・仏印ルートを使えなくすることに成功した。

 

ただ、援蒋ルート最後のひとつ、ビルマルートがまだ残っていた。

長引く日中戦争を終わらせるためにも、日本は援蒋ルートを一本残らず封じてしまいたかったので、ビルマルートに近い“南部”仏印進駐を計画し始めた。

 

続きを読む

北部仏印進駐と日独伊三国同盟でアメリカとの関係がどんどん悪化

ノモンハン事件によって、北の方に侵略することが事実上不可能になったカタチの日本。

かといって当時の日本は、自分の国と満州の資源だけじゃ戦争を続けられない。

 

じゃあ、どうするか。

反対の南の方の国に行って資源を獲得していこう、と考えたわけだ。

 

これが、南進論とか南進政策って呼ばれる。

具体的には、フランス領となっているインドシナ。

 

この地域に軍を置いて、資源をゲットしようとした。

続きを読む

援蒋(えんしょう)ルート遮断はなぜ?簡単にわかりやすく。背後にいる国に注目

日中の対立が激化して、北支事変から支那事変へと名称が変わるほど全面戦争化し始めた。

日本が南京を占領したことで、国民党は拠点を重慶という都市に移してなおも抗戦を続けるんだった。

 

ところで、この戦争は日本と中国の間での戦争に思えるけど、この背後には中国に利権を持つイギリスやアメリカ、ソ連が深くかかわっている。

実はこれが太平洋戦争への布石にもなっているんだ。

 

どういうことか詳しく見ていこう。

続きを読む