享保の改革

no image

江戸時代

株仲間公認も幕府の財政難が原因?

  前回は、「空米取引」というちょっと難しい取引の話をしたね。   要は先物取引のことで、その年の豊作・凶作で給料が減ってしまうリスクを回避するために行われていた取引だったね。 & ...

no image

江戸時代

徳川吉宗は空米取引を解禁!先物取引の仕組みとは。【後編】

さあ、いよいよ空米取引のお話もこれで最後。 前編や中編で、「空米取引」について詳しく見てきたけど、幕府にとってこの制度の解禁は結構重大な決断だった。   それはなぜか。 詳しく見ていこう。 ...

no image

江戸時代

徳川吉宗は空米取引を解禁!先物取引の仕組みとは。【中編】

さあ、「空米取引編」の中編だ。   いよいよ「空米取引」の核心に迫っていくよ。  

no image

江戸時代

徳川吉宗は空米取引を解禁!先物取引の仕組みとは。【前編】

  今回解説するのは、かなり高度な取引のお話。 徳川吉宗の時代、これまで禁止されてきた「空米取引」を解禁した。   これは非常に大きな決断だった。 今回は「空米取引」を詳しく解説す ...

no image

江戸時代

流地禁止令(質流し禁令)は徳川吉宗の失策!?

  これまでの数記事で、徳川吉宗が行った「享保の改革」について見てきた。   大体は良い政策だったんだけど、前にも言った通り徳川吉宗は少々時代錯誤マンだった。   という ...

no image

江戸時代

小石川養生所の「赤ひげ」って何者?目安箱が設立のきっかけ

  享保の改革シリーズもいよいよ大詰めだ。   今回見ていくのは、享保の改革で設置された「目安箱」と、これがうまく機能した一例についてだ!  

no image

江戸時代

上げ米の制を行った理由とは。財政難からの苦肉の策?

前回は、「足高の制」について見てきたね。   優秀な人材の給料を一時的にアップさせることで重要な職に就かせ、幕府をより良くしようとした制度だったね。   でも忘れちゃいけないのは江 ...

no image

江戸時代

足高の制で優秀な人材にはボーナスを!役高、禄高って?

前回は、享保の改革の一つ、相対済し令について見てきたね。   相対済し令は、とんでもない量の公事(特に金公事)を裁ききれずパンパンだった評定所を救うための政策だったね。   今回は ...

no image

江戸時代

相対済し令は旗本救済のためではない!史料も掲載

前回では徳川吉宗が行った「享保の改革」についてザックリ解説したから、今回からはその内容について詳しく見ていこうと思う。   今回は、相対済し令。   地味っちゃ地味な法令なんだけど ...

no image

江戸時代

享保の改革を簡単に、分かりやすく!概要まとめ。

  さて、今回からはまた江戸の大きな歴史の流れに戻っていくよ。   これまでで、第七代将軍・家継の時代まで説明してきたね。   今回はいよいよ第八代将軍・徳川吉宗の時代を ...

Copyright© 大学受験の日本史を極めるブログ , 2019 All Rights Reserved.