サンフランシスコ平和条約

日米安全保障条約(旧安保、新安保)とは?簡単にわかりやすく。

冷戦が拡大していく最中の1951年に、日本と連合国側でサンフランシスコ平和条約が締結された、ってのは以前の記事で見てきたね。

 

で、このサンフランシスコ平和条約が締結されると同時に、日本とアメリカの間でもう一つ重要な条約が結ばれていた。

これこそ、「日米安全保障条約」って言われるやつだ。

 

ただ、1951年に結ばれた安保は通称“旧安保”ってやつで、2018年の今結ばれている安保条約とは結構違う。

 

今回はその違いとかも含めて詳しく見ていくよ。

続きを読む

サンフランシスコ平和条約を簡単にわかりやすく。

吉田茂首相が政権を握っていた時代の一大イベントと言えば、なんといってもサンフランシスコ平和条約の締結だよね。

 

この条約で日本の戦争状態が正式に終わって、日本の主権が復活することになった。

いわば「現代日本の幕開け」ってわけだ。

 

ただこの条約も、「冷戦」の影響を色濃く受けた条約として問題点もいくつかある。

 

その辺も含めて詳しく見ていくよ。

続きを読む

吉田茂の政策と功績をわかりやすくまとめていくよ。

終戦直後の日本は、まさに「激動の時代」ともいえる混乱ぐあいだった。

 

GHQによるいろんな政策で、いままでの日本から大きく変わっていったもんね。

 

そんなゴタゴタな日本を立て直すため、全力を注ぎ数々の功績を残した総理大臣がいる。

その名も吉田茂

 

「戦後のゴタゴタをうまくまとめて、日本を復活させる道しるべを作った」として一般的に評価が高い総理だ。

そんな吉田茂首相の行った政策を、ダイジェストで見ていこう。

続きを読む