江戸時代

代表越訴(おっそ)型一揆と惣(そう)百姓一揆の違いは?

更新日:

前回は、百姓一揆の種類の一つ「代表越訴(おっそ)型一揆」について見てきたね。

村の中から一人または数人が、要望を「正式な手段を踏まず」「力ずくで」将軍や幕府に訴えること。

 

今回は、代表越訴型一揆と似た一揆である「惣(そう)百姓一揆」について見ていくよ。

 

惣百姓一揆は「集団で越訴」

 

代表越訴型一揆と惣百姓一揆の違いを一言でいうと知れば、「個人」でやるか「集団」でやるか。

 

個人でやる方が代表越訴型一揆で、これについては前回紹介したね。

代表越訴型一揆を成功させた人は「義民」としてたたえられた。

一方惣百姓一揆は、訴えたい思いを持った村の百姓たちがほぼ全員で集結し、集団で越訴を死に行くというもの。

集団で行うから一揆の規模も代表越訴型一揆より大きくなった。

 

中には藩内の全域にわたって一揆が起こったこともあったという。

村の役人たちを攻撃したりして無理やり話を聞かせようとした。

 

惣百姓一揆は規模が大きくなっただけで罪は罪。

百姓たちを主導したリーダー的立場にある人間をとらえ、その家族などはみな処刑された。

 

まとめ

惣百姓一揆は、幕末に行われる「世直し一揆」への過渡期に生まれた一揆でもあるんだ。

世直し一揆では、惣百姓一揆よりさらに規模が大きくなっていく。

 

こうした一揆は、やがて幕府をどんどん衰退させていくことになる。

 

検索ボックス

共産主義がよくわかる?香港のデモの理由

フォローしてね♪

-江戸時代
-,

Copyright© 大学受験の日本史を極めるブログ , 2019 All Rights Reserved.