人物

蒋介石の北伐をわかりやすく。1927年に南京国民政府を樹立。

投稿日:

時は田中義一内閣の時に、お隣の中国では蒋介石が1927年に南京国民政府を樹立するよ。

我々が世界史組だったり、歴史マニアだったらこの部分も詳しく理解したいところだけれども

大学受験の日本史に必要な部分だけピックアップして理解していこうか。

 

私は受験勉強をしていた時は本当にこの中国の歴史が難しくてね。

だってずっと日本の話ばっかだったのに急に中国の話になるじゃん?でもって大学受験の日本史の場合は

日本でこんな事があった時に中国でこんな事があった!

と覚えておくと良いんだよね。だから、蒋介石が南京国民政府を樹立した時は田中義一内閣!というのはしっかり覚えておこう。

 

では、この蒋介石の南京国民政府について見ていこうか。

 

まずは辛亥革命の復習

1911年に辛亥革命が起きたよね。

当時の中国は満州民族が統治していたんだけど、急に袁世凱は「中国は漢民族の国家だ!」

って孫文が言いだして中華民国を建国したよね。

ここまではおけ?

翌年の1912年に南京にて建国宣言をしたよ。

 

孫文は臨時的に大統領になったわけなんだけども、もちろん国内の情勢は大荒れ。

孫文を退けてその後の実権を握ったのが袁世凱だったわけだ。

ここまでの流れおけ?

 

その後、時代は進み中国では五・四運動のあとに日本に対抗する勢力がどんどん拡大していってさ、特に社会主義的な思想ってのはソ連から伝わってきていたし

日本とブッ倒そうとする動きが加速していくんだ。1924年には中国国民党と中国共産党が第1次国共合作を行い、軍閥打倒の方針を打ち出したね。

 

ここまでが大前提。

このあたりの前提をもっと詳しく知りたい場合は、以下の記事を読んでね。

山東出兵、北伐とは? 理由と目的をわかりやすく

 

蒋介石の国民政府樹立

蒋介石は1926年に孫文の死後、国民革命軍総司令に就任して、北伐を開始したんだ。

北伐=中国統一

って事さ。時代は全然違うけど、漫画のキングダムみたいなもんね。

なんで北伐って言うかと言うと、「軍閥」という地方のやつらが自分ら自身で軍隊を養っていて、地方を支配していたんだよね。

この軍人の地方政権の事を「軍閥」って言って、中国の統一を妨げていたんだ。

だから蒋介石率いる国民革命軍が北方の諸軍閥を打倒するために戦ったから北伐と言われているよ。

 

さて、ここで思い出して欲しいのは田中義一だ。

蒋介石率いる国民革命軍が北伐を行っている時に、田中義一内閣は、現地に住んでいる在留日本人を守る!

という口実で1927年5月に陸軍約2,000人、28年4月には約5,000人、済南事件のあとはさらに増兵して3回も山東省に出兵したんだよね。

なんで山東省かって言うと、第一次世界大戦の二十一か条の要求を思い出して欲しいよ。

 

 

蒋介石はのちほどまた活躍するけども、別の記事にて紹介するね。

-人物

Copyright© 大学受験の日本史を極めるブログ , 2019 All Rights Reserved.