下地中分を簡単にわかりやすく。半済令との違いについても。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

鎌倉時代は政治的にも、社会的にも大きく変化した時代だってのはこれまでよく言ってきたよね。

 

で、その一環で平安時代から続いてきた「荘園」の在り様も鎌倉時代を機に結構変わる。

簡単に言うと、これまでは貴族や寺院が持っていた荘園の権利が、鎌倉時代になると次第に荘園の権利が武士の手に渡っていくんだ。

 

今回は荘園の復習も含めて、詳しく解説していくよ。

寄進地系荘園ってどんなのだっけ?

 

まず今回の「下地中分(したじちゅうぶん)」ってテーマを見ていく前に、荘園について軽く復習しておこう。

 

荘園は一言でいえば「私有地」

奈良時代に出された墾田永年私財法って法律が出されたおかげで、農民たちは原則自分で作った田んぼは自分の土地として持つことができるようになった。

 

そのかわり、荘園をもつ農民に対して国は税をかけるようになった。

農民にとって税は当然嫌なもの。あんまり収穫が良くなかった年なんかは特に税がキツイ。

 

だから農民たちは何とかして税逃れをしようと考えるわけだ。

 

そこで目を付けたのが、大貴族やお寺・神社(荘園領主ともいう)。

荘園領主の中には、政治的に権力を持った人が結構いた。そういう人たちはイロイロ口利きしてもらったりして「この土地からは税を取りません!」という許可をもらっていたんだ。

 

税を逃れたい農民は、自分の土地をまず荘園領主に“寄付”という名目で譲る。

で、荘園領主に作物の一部を納める代わりに自分の土地を管理する権利を認めてもらう。

 

具体的には、

  • 土地を寄付した農民は荘園領主から“荘官”に任命され、で引き続き自分の土地を管理する。
  • 荘官は自分の土地で出来た作物の一部を、土地の権利をもつ荘園領主に納める

というシステム。

 

こうして誕生したのが「寄進地系荘園」というものだったよね。覚えてるかな?

 

下地中分とは?

 

問題は、鎌倉時代になり、荘園を管理する荘官に武士が任命されるようになったことだ。(これを地頭と呼ぶね。)

これまでは土地を寄付してもらった荘園領主が荘官を決めていたんだけど、今度は幕府が荘官を決めてしまうようになった。

 

ここで考えてみてほしいんだけど、そもそも荘園の権利って誰が持ってるんだっけ?

そう、土地を寄付された大貴族や寺社(荘園領主)のハズ。

 

荘園領主たちは、自分が持っている荘園に、幕府の地頭をいきなり配置されて好き勝手やられてしまうのはイヤなので反発する。

しかも地頭は“武士”から任命されていたために権力が強くて、いつの間にか荘園の権利が武士に乗っ取られていた・・・なんてことも頻繁に起きた。

 

困った荘園領主側は、「地頭さん、あんたに荘園の所有権をちょっと分けてあげるから、それ以外の土地の権利は返してくれないかね?」と話し合いで解決しようとした。

 

これが、下地中分と呼ばれるもの。

地頭と荘園領主側で、荘園の所有権を話し合って分割したってわけだね。(ちなみに“中分”と言ってるけど荘園をきっかり半分にしたわけじゃない。)

 

半済令とは勘違いしないように!

 

室町時代になると、荘園をめぐって、今度は守護と荘園領主の間でイザコザが起きるようになった。

この対策として足利尊氏が「守護と荘園領主で荘園は半分こな!」と決めたのが半済令(はんぜいれい)というやつ。こっちは本当に半分こ。

 

この半済令と下地中分を混同してしまう人が少なからずいるみたいなんだけど、まず大前提として時代が全然違うってことを頭に入れておこう。

下地中分は鎌倉時代に行われたもの、半済令は室町時代に行われたものだ。

 

あと下地中分は地頭と荘園領主の間の問題だったけど、半済令は守護と荘園領主の問題だから、ここも異なっている。

 

ついでに言えば、下地中分はあくまで当事者間の話し合いで決められたことだけど、半済令は幕府が「半分こにしなさい!」と制度として決めた、ということも違っているね。

 

混同しないように注意しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ゆう より:

    初めまして。日本史学びなおしている社会人です。
    下地中分と、新補立法が内容が似ていますが、なぜ同じような法律が二つあるのでしょうか?

    1. jahistory より:

      ゆうさん、コメントありがとうございます!
      ご質問の件についてお答えしますね。

      鎌倉幕府は、承久の乱で手柄をたてた武士に対して土地を褒美として与え、武士を地頭としましたね。(新補地頭といいます。)

      この時定められたのが新補立法で、原則的に「田んぼ11町につき1町は新補地頭のモノにする」という法です。
      (メートル法に直すと、11町=約10㎞四方の田んぼです。)

      言い換えれば、残りの10町分は荘園領主の取り分ということになりますね。

      さて、このようにキッチリ基準を定めたのだからその通り新補地頭も動くはず・・・と思いきやそうはいかなかったのです。
      新補地頭はなんだかんだとイチャモンをつけて荘園領主の取り分を勝手に持って行ってしまうようになりました。

      場合によっては荘園全体の利益の9割方を地頭が持って行ってしまう・・・なんてことも。

      荘園領主は幕府の裁判所へ行って訴訟を起こしますが、そこで勝訴しても状態はあまり改善せず、効力はありませんでした。

      こういった状況から、荘園領主は「新補立法の割合よりももっと土地あげるから、せめてオレ達の分の年貢はちゃんと払ってくれよ・・・。全部はもってかないでくれ・・・。」といったのです。
      これが下地中分ですね。

      いうなれば下地中分は荘園領主たちの“苦肉の策”だったのです。

      まとめます。

      新補立法がちゃんと守られていれば下地中分など必要なかったのですが、
      地頭が力を持ちすぎて荘園領主の分の利益まで横取りし始めたので、自分たちの利益を確保するためしょうがなく下地中分に踏み切りました。

      内容が似ているというより、新補立法の内容から荘園領主がさらに譲歩した、新補地頭に有利な内容に変化したという方が正しいかもしれません。

      ちなみにですが、下地中分は幕府がだした法ではありません。
      あくまで、荘園領主と地頭の間で「しっかり分けようね」と示談にしたことを“下地中分”と呼んでいるだけなんです。

      長くなってしまい申し訳ありません!
      当ブログの内容やこの回答がご理解の一助となれていればうれしい限りです!これからもよろしくお願いいたします。

  2. ゆう より:

    返信に気づかず、読ませていただくのが大変遅れ、申し訳ありません…。

    地頭ヒドイ!
    そういう経緯があったのですね。すっきりしました。
    ようやく違いがわかりました。
    とてもわかりやすくご教示いただき、ありがとうございました!

ゆう にコメントする コメントをキャンセル

*