氏姓制度とは?その意味と違いについて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回ヤマト政権について結構詳しく見てきたけど、その中で「5世紀にヤマト政権の権力が増大した」って話をしたよね。

 

この時ヤマト政権と地方の権力者には、ある独特な制度があった。

 

その名も「氏姓制度」

 

これが結構分かりづらい。

詳しく見ていこう。

氏姓制度は「氏」と「姓」を合わせた語だ!

 

氏姓制度って文字だけを見ると、「う~ん名前に関すること?」ってイメージを持つと思う。

今でも苗字のこと“氏”とか“姓”とかということあるしね。実際、そのイメージは半分あってる。

 

ヤマト政権時代では、今でいう苗字的な意味を持ってるのが「氏」で、「姓」の方は全く意味が違う。

 

 

「氏」は同じ血筋を持つ一族のことを指す

 

「氏」に関しては今の使われ方とあんまり変わらないと捉えてほしい。

現在でもさ、「田中氏」とか「金子氏」とか、苗字につけて使うよね。

 

ヤマト政権時代だったら、有名どころだと蘇我氏とか物部氏とかだ。

要するにこれは「蘇我一族」「物部一族」って意味を表しているということ。

 

 

現在と違うのは“読みかた”だね。

蘇我氏、物部氏の読みは正式には「そがうじ」「もののべうじ」だよ!

 

氏姓制度の「氏」はウジとよんで、「姓」はカバネと読むんだ。

 

まあ正直言うと僕も「そがし」「もののべし」って読んじゃうけどね、うっかり・・・。

 

 

姓は「役職」や「地位」を示す

 

姓(カバネ)の方は現在のような“苗字”という意味では使われてなかった。

 

姓は、ヤマト政権に従った地方の権力者たちに与えられる「肩書き」みたいなもん。

今でいう「取締役」とか「課長」とか「相談係」とか、そういうイメージ。

 

ヤマト政権では、例えば

 

  • 臣(おみ) :ヤマト政権の王族に匹敵するレベルの権力者に与えられた称号
  • 連(むらじ):ヤマト政権の重要な官僚に与えられた称号。

※連は、伴造(とものみやつこ/伴と呼ばれる官僚集団のトップのこと)に与えられた

 

などなど。ほかにも国造(くにのみやつこ)だとかがあるよ。

 

氏姓はヤマト政権の王族から与えられる

 

氏姓制度は、「氏」と「姓」、2つの仕組みを組み合わせたものってわけだ。

で、この氏姓を地方の有力者たちや官僚たちに与えていたのは、ヤマト政権の最高権力者である王族・・・ってことも覚えておこう。

 

蘇我氏を例にとると、「蘇我」という氏「臣」という姓を王族から与えられているのが「蘇我氏」ということになる。

 

どうだろう。少しはイメージがハッキリしたかな?

分かりにくいところは何回か読んでイメージできるようにしておいてね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*