白河天皇(上皇・法皇)の院政とは?摂関政治衰退との関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

延久の荘園整理令を断行し、摂関家でもある藤原氏の横暴に一石を投じた後三条天皇。

 

絶大な力を持っていた摂関家・藤原氏の不利益になるような、大胆な荘園整理令をなぜ後三条天皇が打ち出せたのかというと・・・。

後三条天皇に藤原氏との外戚関係がなかったからだ。

 

つまり後三条天皇が即位する=摂関家としての藤原氏の立場が弱まるということに繋がっていく。

そんな後三条天皇の子として次に即位したのが、白河天皇

 

白河天皇は、この後しばらく続く「院政」という政治の仕組みを確立していった人でもある。

今回は、白河天皇がどうやって院政を築き上げていったのか、詳しく見ていこう。

白河上皇の院政初期は「摂関政治」!?

 

“摂関家と外戚関係を持たない後三条天皇によって、摂関家と天皇は分離され、白河天皇以降は天皇親政の世の中になった”

・・・って流れだったら、分かりやすかったんだけど、現実はそう単純にはいかなかった。

 

むしろ後三条天皇の後に即位した白河天皇の治世では、一時期摂関政治が復活していた。

 

というのも、後三条天皇の皇后が藤原氏だったんで、白河天皇には一応藤原氏との外戚関係があったんだ。

(白河天皇のお母さんも外祖父もすぐ死んじゃったけど。)

 

白河天皇の治世初期は、「後三条天皇の行った“天皇親政”を受け継ぎたいけど、藤原氏との関係も深くて切り離せない」という板挟み状態にあった。

 

だから摂関家から関白を出させるなどして、摂関政治を復活させつつも、実際は後三条天皇と同じように“天皇親政”へ舵を切って行くことになった。

 

院政の開始

とまあこんな感じで、白河天皇の治世は藤原氏とも関係を保ちつつ天皇親政を行うという、難しいバランスで成り立っていた。

 

白河天皇はその後、自分の息子・堀河天皇に座を譲り、自分は上皇となるんだけど・・・。

ここで白河天皇は、「堀河天皇はまだ幼いので、自分が政治とかの面倒見ていくわ」と言い、白河院と自称して政治を行い始めた。

 

これが、院政の始まり。

今までの摂関政治と仕組み自体は似ていて、「幼い天皇の代わりに摂政が面倒みる」というものから「幼い天皇の代わりに院(上皇・法皇)が面倒みる」というものに変わっただけとも言える。

 

たださっきも言った通り、白河天皇自体は藤原氏とも関係が深くあったので、院政が開始されてもまだ完全に摂関家の権力が無くなったわけではなかった。

 

白河法皇の権力増大

 

白河上皇の後を継いだ堀河天皇が成人すると、その関白として藤原師通もろみちが就任した。

 

この師通は、白河上皇が院と称して政治に干渉してくるのを見て、「あ、このまま放っておくと摂関家の権力無くなって終わるな」と気づいていた(っぽい)。

 

なのであえて堀河天皇と一緒に独立した政治をすることで、「上皇が天皇に関わらなくても、関白がいればいい政治できるんだぜ!」というアピールをした。

こうすれば上皇の政治への干渉は抑えられ、摂関家の権力を回復できる、はずだった。

 

しかし師通は病気にかかり、急死してしまう。

すると摂関家の中で「次の関白はだれにするんだ」という後継者争いが勃発。摂関家内で混乱が起きることになってしまった。

 

最終的に関白として選出されたのは藤原忠実という、まだ22歳の若造。

師通ほど頭が良かった訳でもなく、到底関白という重役を任せるに足らない人物だった。

 

そこで白河法皇(この頃には出家してた)は、「あ~もう忠実じゃ天皇の補佐は務まらんから。わしが補佐する」と言って図らずも政治への干渉を強めていった。

 

摂関家の終わり

 

師通が死んだことによる一連の騒動で、もうかなり摂関家の力は弱まっていた。

そんな折、ついに摂関家の権力にとどめを指すような出来事があった。

 

それは、堀河天皇の死に関係している。

 

堀河天皇は師通の死後数年して、病死。

その次の天皇として、鳥羽天皇が即位することになった。

 

この鳥羽天皇は藤原氏と外戚関係があり、外祖父・藤原公実がいた。

外戚関係を理由に、公実は白河法皇に「俺を鳥羽天皇の摂政にしてくれ」と要求。

 

しかし、白河法皇はこれを受け入れず、堀河天皇の時の関白・忠実を摂政に指名。

この瞬間、摂関政治が終わりを告げた。

 

白河法皇が自分で摂政・関白を選んだということは、言い換えれば「摂政・関白の指名権はもう摂関家にはない」ということを意味する。

もう摂関家の思い通りに政治をすることはできなくなったんだ。

 

こうして長らく続いてきた摂関政治は終わり、上皇・法皇が政治の実権を握る「院政」が全盛期を迎えることになる。

 

 

どうだったかな。

院政の始まりはかなり色々入り組んでて分かりにくいと思うから、何度か読み返してみてほしい。

どうしても分からないとこはぜひコメントして聞いてね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*