薬子の変をわかりやすく!蔵人頭の誕生についても。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

桓武天皇が806年に亡くなった後、その子である平城天皇が即位した。

 

この平城天皇も桓武天皇よろしく政治改革にノリノリな人だったんだけど、病気がきっかけで皇位を弟である嵯峨天皇(さがてんのう)に譲ることになる。

 

しかし・・・平城天皇の後ろには藤原薬子という女性の影があったりして、これが壮大な兄弟げんかに発展しちゃったりする。

なんのことやらさっぱりだと思うので、詳しく見ていこう。

 

平城天皇の治世

 

桓武天皇の子・平城天皇は、実は幼少期かな~り波乱万丈だった。

 

事の始まりは、藤原薬子と平城天皇のイケナイ関係だった。

 

薬子は、もともと皇族と関係はなくて、普通に官僚の奥さんで子供ももうけていた。

そんな薬子の娘が、ある時平城天皇の女官として宮仕えを始めるということで、薬子自身も一緒に宮仕えをすることに。

 

そこで薬子に平城天皇がときめいてしまったわけだ・・・。

次第に深い仲(意味深)になっていき、完全に不倫状態に突入してしまう。

 

そんな関係が長く続くこともなく、平城天皇のお父さんに当たる桓武天皇がこの不倫にブチ切れて薬子を朝廷から追い出してしまう。

 

しかし平城天皇は薬子への思いが断ち切れなかったんだろうね、桓武天皇が死んだあと自分が天皇になるとすぐに薬子を呼び戻した。

薬子は人妻なんで自分の奥さんにはできないけど、愛人としての関係を続けていく。

 

ついでに薬子の地位も、(平城天皇の力で)爆上げされ重要な官職につくようになった。

 

 

平城天皇は桓武天皇みたいに改革を推し進めようとしたんだけど、

桓武天皇への当てつけなのか桓武天皇が定めた令外官「勘解由使」を廃止して、自分が新しく作った「観察使」という官を置いたりした。

 

嵯峨天皇との対立

 

そんな平城天皇の治世だけど、わずか三年で終了してしまう。

理由は平城天皇の病気。

 

病気で弱った平城天皇は、「これは何かの祟りかもしれない・・・。天皇を辞めた方がいいかな」と考えた。

そこで弟の嵯峨天皇に座を譲り、自分は上皇と称した。

 

さらに、自分の派閥の連中を引き連れて平安京を出て昔の平城京に移り住んだ。

 

 

まあここまではまだ良かったんだよ。

 

問題なのはこの時代、まだ確立しては居なかったものの「天皇の座を譲って上皇になった後も、上皇は天皇と同じくらいの権力を持つ」という風習があったことなんだ。

 

平城上皇はこの風習から、平城京に移ったあとも権力を持ち続けようとしたんだわな。

 

これが嵯峨天皇にとってはうっとうしかった。

「天皇辞めたんだから大人しくしてろよ・・・」ってね。

 

で、嵯峨天皇は、お前の時代は終わったんだぞと言わんばかりに令外官「観察使」を廃止することを宣言。

 

これを聞いた平城上皇は「お前俺のすばらしい政策に何ケチつけてんだ!この野郎!」とブチ切れてしまう。

観察使の廃止で、平城上皇と嵯峨天皇の間には大きな溝が生まれてしまったんだ。

 

この状態を二所朝廷(上皇、天皇がそれぞれ平城京と平安京に分かれているから)と言う。

 

平城上皇と薬子の暴走

 

嵯峨天皇の態度に怒った平城上皇は、“薬子の立場”を利用して嵯峨天皇の政治を妨害してやろうと考えた。

薬子が当時ついていた官職・尚侍(ないしのかみ)は、天皇と太政官をつなぐ唯一のパイプという重要役職。

 

つまり薬子のさじ加減で、天皇と官僚たちへの指揮を妨害できるというわけ。

というか下手をしたら、上皇の命令を薬子が官僚に伝えて実行できてしまう。

 

おまけに薬子も上皇の対立姿勢に賛成というね。

最終的に平城上皇は、朝廷に対し「都を平安京から平城京へ移す!」と勝手に宣言し、嵯峨天皇に決断を迫る。

 

 

しかしこのままやられる嵯峨天皇じゃなかった。

 

まず嵯峨天皇は、天皇と太政官をつなぐ「別の」パイプ役を作ることで対応した。

これが蔵人所(くろうどどころ)という官職なんだ。

 

さらに天皇は上皇に対して、「よお、もう薬子は重要じゃなくなったぜ。大人しくしないと薬子がどうなっても知らねえぞ?」と脅しをかける。

 

これで完全にキレた上皇は「あ~もうわかった!口でダメなら拳で抵抗してやるよ!」と、挙兵して殴り込みを計画し始める。

 

・・・が。

嵯峨天皇の方が一歩先を行っていた。

 

あらかじめ平城京側に送り込んでおいた坂上田村麻呂(征夷大将軍のあの人ね)に命じて、上皇を阻止させた。

 

結局上皇は完全防御態勢の天皇側の軍勢を見て、負けを確信したので速攻で出家し逃走。

薬子は毒を飲んで自殺・・・で終結した。

 

これが、薬子の変の全貌だ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*