江華島事件をわかりやすく。日朝修好条規につながるよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は征韓論について話したね。

明治新政府になる時に、今まで対馬と朝鮮が貿易していたから、「これからは明治新政府になりますんで!」と伝えにいったところ朝鮮はつっぱねたんだよね。

そう、朝鮮は江戸時代の日本のように鎖国をしていたんだよね。その他にも国学や水戸学の影響から征韓論ってのは熟成していったわけだ。

 

ここいらの前提条件が江華島事件を理解する上で役立つぜ。

江華島事件をわかりやすく

1875年に日本の軍艦雲揚号(うんようごう)が朝鮮の江華島の周りをウロウロしていたのね。

まぁ雲揚号が朝鮮に対して、挑発行為をしたんだとかしていないんだとか、言われているけど実際はわからないね。日本史の教科書だと挑発行為をした!

となっているよ。

で、朝鮮は砲撃すんの。雲揚号に対して、ドッカーン!!って。
日本としては、「やられたら、やり返す!倍返しだ!!」ってことで、朝鮮の永宗城島(えいそうじょうとう)を占拠すんのね。

これが明治六年の政変の2年後のことだから、歴史ってのはおもしろいよね。
日本としては、江華島にはただ立ち寄って水や食料の補給をしようとしていたんだよ!なのにあいつらがいきなり撃ってきたんだぜ!!と主張しているよ。

ちょっと怪しいけど、当時の戦争ってのはこうやって仕掛けるのが多いんだよね。イギリスと清のアロー号事件なんてまさに「でっちあげ」じゃんかね。

 

これが江華島事件。

ご存じのとおり、翌年に朝鮮にとって不平等である日朝修好条規を結ぶんだよ。

新政府の時からの悲願だった、朝鮮開国を実現することとなったのがこの江華島事件なわけなんだわね。

 

これから日本は、欧米列強に開国させられたように、朝鮮を開国し、欧米列強がアジア・アフリカを植民地にしていったように、朝鮮を植民地にしていくわけだね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 国士無双 より:

    日本軍艦の挑発により江華島事件が起きたと言うことは、たった2年で内治を整備し、征韓の目星が立てられたという事ですよね、、?大久保らは、内治優先を主張しながらも将来的には征韓も視野に入れていたんでしょうか?

    1. jahistory より:

      コメントありがとうございます。

      ご推測の通り、大久保利通ら内治優先派はあくまで内治「優先」としていただけで、将来的には朝鮮進出を考えていました。

      しかし、征韓論派を追い出したわずか2年後に江華島事件が起きました。
      確かに、内治を充実させるのに2年では短すぎない?と思いますよね。

      実際、この2年で内治を完全に充実させることはできませんでした。

      ではなぜこんなにも早く朝鮮進出をしたのでしょうか。
      この理由は一言でいうと、「朝鮮進出に絶好のタイミングだった」からなのです。

      当時、江戸時代で士族だった者たちの新政府への不満は高まるばかりでした。
      政府は、士族たちの不満、ひいては士族による反乱を避けるため、士族たちの不満の「はけ口」を作る必要がありました。
      また、ちょうどそのころ大国イギリスも「朝鮮を開国したいな~」と思っており、「日本も朝鮮に進出したがってるし、日本を利用して朝鮮を開国しよう!」と考えていました。

      つまり、日本は列強によるジャマが入らずに朝鮮進出できる「絶好のチャンス」が訪れたわけです。
      日本からすれば朝鮮進出はできるし士族の不満の「はけ口」も用意できるしで一石二鳥だったのです。

      というわけで、日本は早々に江華島事件を起こし、日清修好条規までこぎつけました。

コメントを残す

*