金本位制とは? メリット、デメリットをわかりやすく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

金本位制度とか金解禁、兌換紙幣、不換紙幣は日本史のなかで何度か登場するんだけど、

「そもそも何で紙幣と金を交換するの?」「何で兌換紙幣にしたり、不換紙幣にしたりして一貫性がないの?」

「金本位制度のメリットとデメリットって何?」

といったようなことを疑問に思ってしまう人が多いみたい。でもこのことは日本史の流れのなかでは説明しにくいんだ。

 

だから、今日は日本史の流れから身をはなして、金本位制って何?という疑問に焦点をあてて説明していくよ!!

金本位制のメリット

 

まず「なんで金本位制(きんほんいせい)というものが存在するのか」を説明しよう。

欲しいものを手にするための、一番古い方法は物々交換だった。

 

でも物々交換には難点がある。

いくら自分にとって価値のあるものをもっていても、相手が欲しいと思わなければ物々交換は成立しないということ。

それに食べ物を交換に使おうをするなら、早く物々交換しないとどんどん腐ってしまうよね。

 

そこで腐らずにずっともっておくことができて、誰にでも価値があるものを常にもっておく必要があった。じゃあ、それって何かっていうと、はじめは貝を使っていたと言われているんだ。裏面はキラキラ光っていて綺麗だね。これが世界ではじめての通貨。

 

ところが貝は大陸の人には貴重だけど、沿岸部に住む人にはあまり価値のあるものではないよね。だから時間とともに誰にとっても魅力を感じさせ手に入りにくいものが選ばれてゆく。それは金(きん)。面白いことに金は世界のたいていの人々を魅了するんだ。

 

 

もちろん、とても価値のある金なんだけど、弱点があった。けっして軽くはないことだ。

いくらどんなものと交換できるといっても大量に持ち歩くことはできない。

そこである契約書を作ったんだ。

「この契約書は金何グラムと交換することができる」という約束の書かれた契約書。

紙なら軽いし、信頼のおける銀行や大富豪が契約の仲介者としてバックについていてくれれば、手元に金(きん)が無くても相手は契約書という「ただの紙」を金(きん)と同等の価値を持つものとして扱ってくれる。

 

 

おわかりのようにこの「契約書」が「通貨」として扱われるようになったのが兌換紙幣(だかんしへい)!

ポイントは相手に渡すものそのものに価値がなければ信頼されないということなんだ。ただの紙である紙幣に価値があるのは、金(きん)と同等の価値があると保証されているから。

 

このような経緯があって「紙幣は金で保証していなければ信頼できない」という感覚を多くの人たちが持つようになる。当たり前だよね。

ある国が「この紙には1万円の価値がある!」といっても他の国は信頼できないもんね。

信頼できない紙幣だとどうなるかというと、あるものを自国の紙幣で購入しようとすると、「その紙幣は信頼できないから、他の国の兌換紙幣で支払ってください」と言われてしまう。

だから先進国は自国の紙幣を兌換紙幣にするようになった。

 

金兌換紙幣というのは歴史的にみればとても理にかなった考え方なんだ。

 

金兌換紙幣にするもうひとつの理由は通貨の価値が安定すること。

それぞれの国にそれぞれの通貨があるよね。

これらの通貨は交換することができる。

たとえば100円で1ドルを手に入れることができるよ、といった感じ。

でも、 もし日本の景気が不安定で、日本の通貨が金の兌換紙幣じゃなかったら、必ず「100円と1ドルを交換」といったようにはならないよね。

 

だって日本政府がもし財政破綻してしまって日本の「円」が使えなくなってしまったら大変だもんね。

だから日本政府が不景気になったらいままで日本円を保有していた人たちは「円」を売って他の通貨にかえるんだ。

 

そうするとどうなるかというと、「円」がたくさん売られて余ってしまうんだ。

日頃の経験からわかるように、余った商品は安くなるよね。

これはお金も同じ。

「円」が売られると円の価値がどんどん下がっていくんだ。

 

いままでは100円を払えば1ドルをもらえたんだけど、

景気が悪くなると200円も払わないと1ドルをもらえなくなっちゃうんだ。

 

でももし円が兌換紙幣だったら話は別!

日本が不景気になっても紙幣は金(きん)と交換できる約束だから、日本円の価値は下がらないんだ。

紙幣は金(きん)で保証されているからね。

 

 

まとめると金本位制のメリットは

(1)自国の紙幣を信頼のおけるものにすること

(2)円の価値(1ドルに対して何円支払うか)を安定させること

の二つ!!

 

 

金本位制のデメリット

 

それに対して金本位制のデメリットは何かといえば、「金(きん)を所有しておくことは簡単ではない」という一言に尽きる。

 

金(きん)に価値がるのはなぜかというと、魅力的なものであることはもちろん、手に入りにくいから。

だからいくら金を手に入れようと頑張ってもそう簡単には手に入らない。

 

金は希少だから比較的手に入りやすい銀(ぎん)を使った銀兌換紙幣とかもあったんだね。

 

金兌換紙幣にしたい国がごく僅かで、さらに各国の取引の規模が小さければ金兌換紙幣にしてもなんとかやっていけたんだ。

そこまで多くの金を所有しなくてもいいから。

 

でも多くの国が兌換紙幣を作るようになって、さらに取引の規模が大きくなってくるとそうはいかない。

兌換紙幣の量に見合ったたくさんの金を国に蓄えないといけないのだけど、各国が競い合って金をもとうとするし、金(きん)を買うためのお金(かね)が必要になって来るしでどうにもいかなくなるんだ。

 

 

 

さらに金兌換紙幣のときに貿易赤字になっら大変。

貿易赤字というのは、輸入額が輸出額を上回ってしまうこと。

 

輸入額が輸出額を上回るとどうなるかというと、自国の通貨を外国にたくさん払うことになるんだ。

輸入するためにはまず円を外貨に換えないといけないから。それからその外貨を使って外国の品物を買うんだね。

 

で、海外に流出した兌換紙幣はどうなるかというと、なにかその国に不安点があるとすぐ金(きん)に換えられてしまう。

金に換えられてしまったらもちろん自国の金が海外に流出してしまう。

自国の金が海外に流出してしまったら、またその分の金を手に入れなといけない。

 

貿易赤字がなければ金の量の変動はプラスマイナスゼロになるから、気にすることはない。

でも貿易赤字になってしまうとその分の金を再び苦労して手に入れないといけなくなってしまうんだ。

 

1931年に

金輸出再禁止(きんゆしゅつさいきんし)

となった理由の一つが、この貿易赤字による金(きん)の海外流出なんだ。

 

もちろん、海外の国に金を輸出しなくなったから、海外の人は円と金を交換してもらえなくなるよね。

だから実質上、金兌換紙幣を廃止したことになるんだ。

 

ちなみに1917年の

金輸出禁止(きんゆしゅつきんし)

は第一次世界大戦が原因ね。

 

まとめると金本位制のデメリットは

(1)そもそも金を保有するのが大変

(2)貿易赤字になったら金が海外へ流出してしまい金の量を維持するのが大変

なんだ。

 

本当はどこの国も金本位制にしたいんだけど、いまあげたデメリットのせいで仕方なく金本位制を停止してしまうんだ。

 

 

だから

金解禁(きんかいきん)

またの名を金輸出解禁(きんゆしゅつかいきん)

をして、金本位制の復活をしたり、廃止にしたりしているんだね。

 

でも、金兌換紙幣をやめる理由は他にもあるんだ。

 

 

 

不換紙幣のメリット

 

金本位制は海外との取引を念頭に置いた場合にはとても素晴らしい考えかたなんだけど、

国内の経済だけに注目するとあまり意味をなさないんだ。

 

だってその紙幣は国内ですでに通用しているのだから(あと現在のように紙幣がただの紙であることを誰も気にしない状態であればという条件もつくけど)、金で価値を保証してもしなくてもなにもかわらないよね。

 

だから、国内の経済だけ見れば不換紙幣であることに越したことはないんだ。

 

さらに不換紙幣であれば次のメリットがついてくる。

それは、「自由に紙幣を発行できる」こと!!

 

自由に紙幣を刷れれば、デフレを脱却することができるんだ。

 

デフレとか難しい用語がでてきたから、わかりやすく説明するね!

 

たとえば、日本がデフレで悩んでいたとしよう。

デフレというのはモノ(商品)の価値(値段)がどんどん下がっていくことね。

その理由の一つとして、国内市場のなかにある通貨の量が少なくなっていることがあげられる。

 

日頃の感覚を思い出してみよう。

たとえば商品Aと商品Bがあって両方が1000個づつあるときは価値が同じだとする。

 

でも急に

Aが200個

Bが1000個

になった。

 

そうしたら当然Aの価値が上がって、Bの価値は下がるよね。

Bの方がAより手に入りやすくなるから。

 

デフレはここでいうAを通貨、Bをモノ(商品)として考えればいい。

通貨の量が減るから通貨の価値が上がって、モノがどんどん安くなっていくんだ。

 

この何が問題かというと、お金をすでにもっている人(高齢者)には有利だけど、これから借金をして起業をしようとするひとや、若くてこれからお金を稼ごうとしている人たちにはとても不利なんだ。

だから、デフレになると経済活動が停滞してしまう。

 

ここもわかりやすく見ていこう。

 

まずお金をすでにもっている人が有利なのはオッケーだよね。

お金の価値がどんどん上がって、商品が安くなっていくから、生きていくのが楽になっていくね。

 

でも、借金をして経済を活性化させようとする人たちにはとても不利なんだ。

 

大学にいったらぜひ経済学部か経営学部にある「銀行論」という講義に忍び込んで受けてみてほしいのだけど、銀行から借金をすることは信用創造といって経済の発展に不可欠な要素なんだ。

 

さらに起業したり、ある会社が設備投資をするときには必ずといっていいほど借金をするんだ(たとえば製薬会社とかはあまり借金をしないから会社だからもちろん例外はある)。

そうしないと資金が足りないし、資金が現金で集まるまで待っていたら、好機を逃してしまうし、なにより会社の一生のうちにできることがかなり制限されてしまう。

 

身近な例を挙げれば、「家」や「自動車」も大抵の人は借金をして購入しているね。

借金を回避して数百万やましてや数千万の現金が手に入るまでまっていたら、一番必要な時期(たとえば子育て)に「家」や「自動車」を所有することができなくなってしまう。

たいてい住宅ローンというのは子育てを終えて数年後あるいは十数年後に支払いを終えるように組むのだけど、

借金をしないでお金をひたすら貯めたら、それくらいの年齢でやっと家をかえるんだ。

高齢になってから二階建ての3,4人暮らせる家は必要ないよね。アパートで十分だ。

借金がなかったら二階建ての3,4人暮らせる「家」を買うという経済活動がなかったことになってしまう。

 

こうやって考えると借金というものが存在しなかったらいまのわれわれの生活はなかっただろう(借金は払えなくなるほど借りるのがいけないのであって、借金そのものは決して悪ではない。)。

 

このように「借金」は資本主義に不可欠な要素なんだけど、デフレ下においては借金をすることが不利になるんだ。

 

なぜかというと、デフレは通貨の価値がどんどん上がっていくことだから。

たとえば、いまは板チョコが100円の時代だから、板チョコ100個分つまり1万円分の借金をしてもぜんぜんへっちゃらと思うかもしれない。

でもデフレのせいで10年後に板チョコが10円で買えるようになったとしよう(この例はとても大げさだ)。

現在の感覚で1万円借金をしたつもりが、10年後にはその1万円は板チョコ1000個分に価値になってしまったのだ。

すなわち1万円の借金は、10年後には現在の感覚でいう10万円の借金になってしまったのだ。

 

だからデフレ下では企業や個人はあまり借金をしてまで投資をしようとは思わない。

なぜなら現在の借金は未来には増えてしまっているから。

 

まずはじめに借金をしにくくなることで経済活動が停滞してしまうんだ。

 

 

さらに板チョコの例をもう一度使って、デフレが若者に精神的に不利であることを考えてみよう。

新卒でお菓子会社に入社したAさんの初任給は20万円。

そのときの板チョコの値段は一枚100円。

10年後。本来のライフプランだったらAさんの月々の給料は40万円程度だった。

でも10年後は板チョコの値段が一枚10円になるのだった。

もちろんデフレ下では他のありとあらゆる商品の価値が下がるので、企業全体の収入も減ることになる。

そうするとAさんの収入は板チョコと同じように減る。

つまりAさんの給料は月々4万円になるのだ。

 

もちろん、ありとあらゆるモノの価値が下がるのだから生活の豊かさはあまり変わらないだろう。

でも年々減っていく給料にAさんは自分が社会に貢献しているのにどんどん貧乏になっていくと感じるだろう。

するとAさんの消費活動も控えめになり、経済も活性化しないだろう。

 

借金の話を蒸し返せば、新卒時に奮発して100万円の中古車でも買っていたら、月々4万円の収入で返済するのはとても大変になってしまう。

 

(現在の日本経済を重ねてくれた人も多いかもしれないけど、現在の日本経済はもう少し複雑。あと、ある商品の価値が下がることすべてをデフレというのではないというのは覚えておこう。例えば、大量生産によっていままで高級品だったものが私たちの身近なものになるという素晴らしいモノの価値の下がり方もある。)

 

 

で、デフレになると経済にはいいことがないから(すでにお金をもっている人たちにはいいことだけど)たいていの政府はデフレを脱却したがるんだ。

そこでデフレを脱却する一番手っ取り早い方法は紙幣を刷りまくること。

 

だって、デフレの原因は通貨の量がモノに対して少なくなっていることだったね。

だから通貨をどんどん市場に流してしまえば(その方法は長くなってしまうからここには書けない。大学にいったら各人で勉強しよう!)、理論的には一件落着!!

 

通貨の量が増えて通貨の価値が下がるからね。

 

でもだ。もし金兌換紙幣を大量に発行する場合、政府はそれに見合った金(きん)も用意しないといけない。

デフレを脱却するほどの紙幣を刷ってその分の金を(きん)を手に入れるなんて、そんなの不可能だ!

 

だから兌換紙幣の状況では国内経済はうまくコントロールできないんだ。

 

そこで不換紙幣なら金(きん)とか気にせずに自由に紙幣を刷ることをできる。

 

市場の全体の通貨の量を多くすれば、デフレからもとの正常な経済にもどるね。

 

不換紙幣についてまとめると、

(1)国内経済だけ見ればなるべく不換紙幣でありたい

(2)デフレ(経済の病気)になったときに不換紙幣であれば簡単に脱却することができる

ね!!

 

追記:

「金本位制」について、様々な質問が寄せられている。

せっかくなので、それら質問と回答を一つの記事にしてまとめてみた。

 

是非こっちの記事も参考にしてみてほしい。

 

金本位制の仕組みと崩壊、そして管理通貨制度とは。【質問回答まとめ】

https://jahistory.com/kinhonisei-shitumon/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 元素記号17 より:

    釈然としなかったのですごいわかりやすくて助かりました!

  2. study より:

    金本位制が理解できとても助かりました。質問なのですが、不換紙幣は日本でしか流通しなかったのですか?

    1. jahistory より:

      コメントありがとうございます!
      質問にお答えいたしますね。

      studyさんの「不換紙幣は日本でしか流通しなかったのか」という質問は、明治時代以降のことでしょうか?

      ご存知の通り、現在では世界のいかなる国も「金本位制」および「兌換券」を採用している国はありません。
      日本もそうですし、アメリカやイギリス、中国…すべて「不換紙幣」です。

      明治時代~1930年代の期間においては、不換紙幣を使ったことがあるのは主要国の中で(第一次世界大戦中をのぞいて)日本だけ、と言えます。
      明治政府が誕生したころ、政府にはお金があまりありませんでした。それなのに西南戦争(戊辰戦争)が起きてしまったことで非常に多くのお金が必要になってしまいました。

      金本位制を取るには発行する兌換券に相当する額の金を保有していなければいけませんが、当時の政府にはそんな大量の金はありませんでした。
      そこで、明治初期には太政官札という不換紙幣を大量発行します。

      ただし、これはあくまで兌換券を発行するまでの繋ぎ、期間限定の不換紙幣です。

      のちに新貨条例が出され、ここで日本で初めて金本位制による兌換券が誕生します。(しかしここで金が大量に海外流出してしまったためのちに制度を改め、実質銀本位制に移行)
      日清戦争に勝利した後はその賠償金として多くの金が日本に入ってきたので、これを元手に再び金本位制になります。

      ですが、その後1929年に世界大恐慌という世界の経済システムを大きく変えるきっかけとなる恐慌が発生します。
      世界大恐慌で金本位制は崩壊し、イギリスを皮切りにこれまで金本位制を取っていた先進国が次々と離脱して管理通貨制度、不換紙幣へと切り替えていきました。

      世界の先進国はみな金本位制を離脱し、1978年に正式に金本位制を廃止する協定が結ばれました。
      こうして現在のような管理通貨制度のもとで不換紙幣が発行される社会になったのです。

      まとめると、明治時代以降を考えるならば、不換紙幣は日本でのみ流通したことがあります。
      ただし明治初期のごく限定的な期間のみで、その後は世界大恐慌の起こる1930年代まで日本含め先進国はみな金本位制(銀本位制)を取った兌換券を使っています。

      貨幣の歴史は非常に複雑な内容で、経済学の分野にも大きく絡む部分があります。
      今回の話ももう少し掘り下げれば大学の講義レベルにまで発展する難しさですので、当サイトの関連記事などを参考にしてみてください。もちろん新たな質問もお待ちしております!

  3. study より:

    返信遅くなりすいません。
    スッキリしました。
    本当にありがとうございます。

  4. ponsan より:

    とてもわかりやすい解説、ありがとうございます。

    一つ分からないことがあるのですが、第一次世界大戦後、日本は金輸出を禁止していましたが、その間は金の裏付けがない紙幣で貿易をしていたとおもうのですが、そのような価値の無いお金で海外と取り引きしてもらえるのですか?
    その頃の貿易は何を裏付けとして行われていたのか分からないので、教えて頂けるとありがたいです。

    また、浜口内閣において、旧平価で解禁をしたので輸出に不利な状態になったという内容が全く理解できません。
    できれば、小学生にも分かるぐらい噛み砕いて、時代背景とともに解説して頂けると大変助かります。

    大変わかりやすい解説だったので、ぜひ質問にお答えいただければ嬉しいです。
    よろしくお願いします。

    1. jahistory より:

      コメントありがとうございます!

      ご質問の内容は、①第一次大戦後の金輸出禁止状態でなぜ貿易ができていたのか ②濱口内閣での旧平価による金解禁は何が問題だったのか の2点ですね。

      まず①「第一次大戦後の金輸出禁止状態でなぜ貿易ができていたのか」についてです。

      突然ですが、2018年現在、日本で使われている紙幣は何を裏付けにして価値がついているでしょうか?
      ・・・答えは「政府の信用」ですね。

      簡単に言えば、現在の日本の紙幣は「日本という国が無くなったり、破産したりすることはないだろう」と国民が信じていることで成り立っているのです。
      一万円札には一万円の価値がある!とみんなが信じて疑わないので通貨として成り立っているというわけです。

      これを管理通貨制度、といいます。

      他の国と貿易を行う際も、お互いの政府の信用を裏付けとして貿易が成立しています。
      ただ「政府の信用」というのはいつなんどきも絶対ではないので、交換比率(為替レート)はコロコロ変わります。

      ニュースを見ると毎日ドル円の交換レートが変わってますよね。

      さて、ここで第一次大戦に伴う金輸出禁止の状態を考えてみてください。
      金輸出禁止、つまり金本位制が停止されて金による紙幣価値の裏付けができない状態です。

      では何を裏付けとするか。
      現在の日本と同じように「政府の信用」で紙幣価値を裏付けていたんです。

      つまり第一次大戦後の金輸出禁止状態の日本は、政府の信用を裏付けとした管理通貨制度で貿易を行っていたというわけです。
      「政府の信用」で紙幣に価値をつけることで、貿易を可能としていました。

      次に、②「濱口内閣での旧平価による金解禁は何が問題だったのか」についてです。

      金解禁される前、つまり管理通貨制度を採っていた日本の為替レートは1ドル=2.3円くらいでした。
      これに対し、第一次大戦が起こる前、まだ日本が金本位制を取っていたころの為替レート(旧平価)は1ドル=2円ほど。

      つまり、旧平価で金解禁すると0.3円分「円高」になってしまうのです。

      ここで円高の仕組みについて、簡単な例を出しましょう。

      今ドルと円の交換比率(為替レート)が1ドル=100円だとします。
      この場合、アメリカ人が1ドルを日本円に交換すると100円もらえます。

      しかしある日突然、ドルと円の為替レートが1ドル=50円になったとします。
      こうなると、アメリカ人が100円交換するのに2ドル必要になるわけです。

      この状況を円高(円の価値が高くなる)といいます。

      では円高のとき、貿易はどうなるのか。

      今の例でいうと、昨日までアメリカ人は日本で100円で売られている商品を1ドルで買えていたのに、次の日アメリカ人は日本で100円で売られている商品を2ドル出さないと買えない状態になります。
      アメリカ人は、「1ドルなら買ってやっても良かったけど、2ドルもするなら買わねえよ!」と考えます。

      すると、日本の商品は海外に売れなくなりますね。

      この例と同じようなことを濱口内閣はやってしまったわけです。
      これまで1ドル=2.3円だったものをいきなり1ドル=2.0円にしてしまったので、海外からすれば日本の商品が高くなってしまい「そんな高いなら要らないわ」と言われてしまったのです。

      これが濱口内閣が旧平価で金解禁したことによって引き起こされた「輸出不利」です。

      以上となりますが、非常に長い説明となってしまいすみません・・・。
      分かりにくい点も多々あるかと思いますので、不明な点については是非またご質問いただければと思います。

コメントを残す

*