江戸時代

田沼意次の経済政策:貨幣統一 南鐐二朱銀の登場だ!

更新日:

前回話したように、田沼意次は商人を重要視していた。

 

これを重商主義と呼んだね。

 

重商主義政策を推し進めるにあたって、意次には解決しなきゃいけない大きな問題があった。

 

それが、「貨幣の統一」だ!

[

日本の中に通貨が二つ!?

 

これまでの記事の中でも何回か出てきたフレーズ「江戸の金遣い、上方の銀遣い」を覚えているかな?

江戸では金を使った取引が行われている一方、大坂では銀を使って商売や取引が行われていた、ということだったね。

 

田沼意次の時代まで、なんとこの金と銀の両替は変動相場で行われていた。

 

言ってみれば、日本という一つの国の中で通貨が二つあったようなものなんだ。

現代でいう、日本円とドルの為替市場みたいな感じ。

 

これ、めちゃくちゃ面倒くさいよね。

 

大坂と江戸で取引しようと思ったら、いちいち両替しないといけないんだからね。

 

実際、これは江戸―大阪間の取引や商売の弊害だった。

 

銀を「金貨」として使えるようにすればいいじゃん!

意次は商業、ひいては貨幣経済をガンガン発展させたかったから、この通貨問題を解決する必要があると考えた。

 

そこで生まれたのが、「南鐐二朱銀」

 

これは今までの銀貨のように「重さ」によって価値が決まらない。

 

南鐐二朱銀は、金貨のように「枚数」によって価値が決まる。

 

こうすることで、「金貨一枚は南鐐二朱銀八枚と同じ価値!」と定めることができるようになった。

今でいうと、「500円玉は100円玉5枚と同じ価値」と言ってるようなもんだね。

 

これで銀と金の価値が固定されたから、いちいち両替する必要がない。

江戸―大坂間の取引の障害が撤廃されたんだ。

ちなみに南鐐二朱銀の銀含有率は98%。

ほぼ純銀だったんだよ。

 

まとめ

田沼意次の行った「金貨のように使える銀貨の鋳造」という、大胆な貨幣制度改革。

こうして重商主義政策が加速していった。

検索ボックス

共産主義がよくわかる?香港のデモの理由

フォローしてね♪

-江戸時代
-, , ,

Copyright© 大学受験の日本史を極めるブログ , 2019 All Rights Reserved.