安土桃山時代

歌舞伎の原点!?出雲阿国(いずものおくに)って何者?

更新日:

さて、今回からは桃山文化の芸能部門について見ていくよ。

その中でも今回は、江戸時代で発展していく「歌舞伎」の原点ともいわれるものを始めた女性についてだ。

 

出雲阿国(いずものおくに)って?

出雲阿国とは、桃山時代に存在した女性芸能人のことだ。

島根県の出雲に生まれ、しばらくして出雲大社の巫女となる。

11歳のころ、奈良の春日大社というところで“ややこ踊り”を披露し人気を博する。

“ややこ”という言葉には幼いという意味もあって、少女が踊るかわいらしい踊りのことをいう。

 

(ややこ踊りは実はセクシーダンスで、踊っている最中に服がはだけるのが大人気だった、という説もある。)

 

かくして踊りの人気を得た出雲は、「出雲大社への寄付を募る」という目的のもと全国を回ってパフォーマンスをし始める。

 

京都でパフォーマンスした際も大盛況で、秀吉の伏見城や皇室の御所でも演じられた。

またこのころから、阿国の踊りは「かぶき踊り(常識外れの派手なカッコをした人たちの踊り)」と呼ばれるようになる。

といっても踊りの内容はセクシーダンス。

阿国が男装して遊女と戯れる様子を踊りで表現する、といった具合だ。

 

阿国歌舞伎とも呼ばれる。

 

かぶき踊りのその後

かぶき踊りというセクシーダンスが、遊女たちにも人気を博したことから、数々の遊郭でこのかぶき踊りが取り入れられることになる。

結果、だんだんストリップダンス化していってしまい、風紀が乱れるという理由で江戸幕府に禁止されることになる。(詳しくは江戸時代編の文化史で!)

検索ボックス

共産主義がよくわかる?香港のデモの理由

フォローしてね♪

-安土桃山時代
-,

Copyright© 大学受験の日本史を極めるブログ , 2019 All Rights Reserved.