藩政改革で生まれた「雄藩」ってなに?成功した藩、失敗した藩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今回見ていくのは、幕府ではなく、藩。

 

江戸中期あたりから、各藩は財政難を乗り越えるため、財政を再建するために数々の改革を行うようになる。

 

この改革が大成功した藩は大きな力を持つようになり、幕末では「倒幕運動」にも関わる需要なものになっていく。

 

今回は藩政改革について、その概要を説明していくよ。

 

藩政改革全般で行われたのは?

藩政改革の目的は、冒頭でも言った通り「財政再建」だったね。

 

そもそもなんで諸藩が財政難に陥っていたかというと、

  • 参勤交代や幕府の公共事業などによって、お金を出させられていた
  • 米主体で経済を考えていた藩は、貨幣経済に対応できなかった
  • 大飢饉や、江戸の火事で邸宅が焼けたことによる臨時の出費がかさんだ
  • 大名たちが平和ボケして贅沢しすぎた

といった理由があった。

当初、諸藩はこういった問題に対して「年貢を増やす」「倹約令を出す」「商人から借金をする」というような一時しのぎの対策しかしなかった。

 

当然だけどこれらの政策は庶民たちの不満が噴出する。

人の心が荒んでいくと当然藩内での犯罪発生が多くなり、治安が悪くなってしまう。

 

そこで藩の中には大改革を実施して、藩の経済を根本から直していこうとするものが現れた。

 

改革に成功した藩はのち「雄藩」に。でも失敗した藩は・・・。

 

藩政改革は、本当に根本から見直していく必要があった。

でもこれ、成功すればいいけど失敗したらシステムがめちゃくちゃになって、藩が崩壊してもおかしくない。

 

実際、失敗した藩の方が成功した藩よりずっと多い。

 

でも、成功した藩は「雄藩」(経済力・経済力が非常に大きい、強い影響力を持つ藩)となり、のちのち倒幕運動でもカギとなる存在になる。

 

藩政改革で成功した藩はいくつかあるけど、その中でも

  • 米沢藩
  • 薩摩藩
  • 長州藩
  • 土佐藩
  • 熊本藩

 

といったところは大成功を収めたよ。

まとめ

藩政改革に成功した藩は、幕末でよく名前を聞く藩だよね。

 

次回からは、藩政改革に成功した藩をじっくり見ていくよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*