第一次護憲運動とは?原因と内容をわかりやすく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

第一次護憲運動で桂園時代も終わるんだけど、この運動を成し遂げたのが民衆のデモ!

しかも天皇の私的要素と公的要素を別にするべきだ!という近代国家の原理に基づいたデモだったんだ。

 

もちろん国民にそんな感情があったのかはわからないけれど、少なくとも

「閥族打破(ばつぞくだは)」「憲政擁護(けんせいようご)」(あとで詳しくやるよ)

というスローガンにはそんな意味があったはず!

 

それじゃあ、これから政治的な発展を見ていこう!!

 

第一次護憲運動の原因

 

1912年の2個師団増設問題(ここでやったよ)で解散した西園寺内閣(第2次)の後に発足したのは、

桂(かつら)内閣(第3次)!!

 

桂→西園寺→桂→西園寺→桂

の交互ね!これは桂園時代(ここでやったよ)といったね。

 

でもある問題があったんだ。

桂太郎(かつらたろう)はこのとき宮中に属していたんだ。

それが内閣総理大臣になって府中にもどってきてしまった。

 

これは宮中・府中の別(きゅうちゅうふちゅうのべつ)に反するじゃないか!

宮中・府中の別というのは、天皇の私的な部分を宮中、天皇の公的な任務・業務を府中として別けようよ!というもの。

 

天皇の私的な部分に仕えていた人間が府中に戻ってくることは、近代国家として認められない!

これが原因で桂内閣に対して反対運動を起こすよ。

 

これが

第1次護憲運動(だいいちじごけんうんどう)!!!

年号は1912年だよ!

第一次護憲運動の内容―中心人物とスローガン

 

第一次護憲運動の中心人物は

尾崎行雄(おざきゆきお)と

犬養毅(いぬかいつよし)!!!

 

尾崎行雄が立憲政友会(りっけんせいゆうかい)!

犬養毅が立憲国民党(りっけんこくみんとう)!

 

スローガンは

「閥族打破(ばつぞくだは)」「憲政擁護(けんせいようご)」ね!!

 

閥族は集団のこと。藩とか軍とかの力をもったグループが、国民がつくっていくべき政府を邪魔しているんだ!

だから、そういったグループをなくそう!

これが「閥族打破」。

 

「憲政擁護」は憲法の内容をちゃんと守れ!というもの。

桂太朗は別に憲法違反をしてはいないけれど、憲法の精神に反するじゃないか!といっているんだ。

尾崎行雄はこのスローガンをもとに演説をしたりして国民に訴えるよ。

 

そして、憲政擁護大会という政治集会が各地で開かれる。

けっきょく民衆のデモに国会が包囲されて、1913年、桂内閣は解散する。

たった53日間で桂太郎は退陣したんだ。

 

これを

大正政変(たいしょうせいへん)

というよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. レオンヌ より:

    わかりやすすぎます!よくわかりました!

    1. jahistory より:

      コメントありがとうございます。返信が遅くなりました。
      ご理解の一助となれたようで、うれしい限りです。

      今後ともよろしくお願いいたします!

  2. オリオン より:

    今年受験を控えているものです。
    このブログを活用してから日本史の得点が格段に上がりました。
    ありがとうございます。
    いきなりで申し訳ないのですが、1つ質問がございます。
    第二次伊藤博文内閣の時に行われた第四議会で和衷協同の詔勅(建艦詔勅)が出され、天皇が政府と議会の協力を求めた結果、予算が成立したと教科書に書かれていたのですが、
    これは宮中・府中の別を破った事になるのですか?

    教科書を見ていてもわからなかったので、教えて頂けると幸いです。

    1. jahistory より:

      コメントありがとうございます!
      当ブログが学習の一助となれているようで、うれしい限りです。これからもよろしくお願いします。

      さて、ご質問の「和衷協同の詔と宮中・府中の別は矛盾しないのか」という件ですね。
      結論から言うと、矛盾しません。

      まず宮中・府中の別というのは「天皇をはじめとする皇室グループと、実際に政治を行う政府とを分離する」というものですね。
      なぜこんなことをするのかというと、「政府が国民から批判されたとしても、天皇が政治にかかわっていなければ国民の批判は天皇にはいかない」から。

      雑な言い方ですが、天皇が政治にかかわらないことで、天皇のメンツを守ろうとしたわけです。

      天皇がもし政治に自らガンガン介入していたら、政策が失敗した時国民から「オイ何やってんだ天皇は!」と非難される可能性がありますよね。
      天皇を国のトップとしていた当時の日本にとっては、天皇のメンツがつぶれる・・・なんてことは一大事なので、万が一にもそういうことがないようにしたんですね。

      ただ一方で第四議会では、軍事費関連の予算案で与野党が揉めに揉めていてどうしようもない混乱状態でした。
      このまま対立が続くのを良しとしなかった伊藤博文は、何とかお互い妥協して丸く収めたいと思っていました。

      そこで、日本の絶対的トップであり誰も文句を言えない天皇に「与党も野党も、妥協して仲良くしなさい。」と“言わせた”んです。
      もっと言えば、伊藤博文が混乱をおさめるため天皇を利用したともいえます。

      つまり「和衷協同の詔」は天皇が自ら進んで政治に介入したわけではなくて、政府側が一時的に天皇の力を利用しただけということですね。
      ですので「和衷協同の詔」と「宮中・府中の別」は矛盾しないことになります。

コメントを残す

*