安土桃山時代

織田信長を簡単に、わかりやすく。【足利義昭の追放】

更新日:

前回は、朝倉・浅井軍と織田・徳川軍の大きな戦い、姉川の戦いと比叡山・延暦寺の焼き討ちについて見てきたね。

 

裏切った浅井氏に手痛いダメージを与え、邪魔ものである比叡山延暦寺は壊滅に追いやった。

 

今回は、上洛作戦で協力していた室町幕府将軍・足利義昭の京都追放についてだ。

足利義昭が信長に対して包囲網を形成

 

義昭と信長は、当初協力関係にあった。

上洛後も、信長と義昭の関係は悪いものではなかった。

 

・・・んだけど、信長の野望と義昭の悲願は異なっていた。

そのため、次第に両者の間には考え方の相違が出てくる。

 

信長への不満を強めた義昭は、武田信玄など強力な武将や朝倉・浅井氏などと組んで信長を包囲しようとした。

織田臣下の徳川家康軍が武田軍に押され敗北するなど、信長は窮地に陥る。

織田信長についてのまとめ!⑨足利義昭との関係悪化

信玄の死から逆転、義昭を追放へ

一時は信長をかなり追い詰めた義昭率いる信長包囲網だけど、ここで予想外の事態に。

なんと武田信玄が死亡してしまったんだ。

 

これにより武田軍は退却、大きな力を失った義昭のもとからは離反するものが増えてくる。

やがて義昭は信長の軍に包囲され、やむなく投降する。

 

その後は京都から追放され、室町幕府は事実上崩壊する。

織田信長についてのまとめ!⑩足利義昭を京都から追放

まとめ

義昭が追放されたことで室町幕府は崩壊、ついに大きな政治の実権を信長が持つことになった。

また包囲網も大きく弱体化し、残るは朝倉・浅井軍だけとなった。

検索ボックス

共産主義がよくわかる?香港のデモの理由

フォローしてね♪

-安土桃山時代
-,

Copyright© 大学受験の日本史を極めるブログ , 2019 All Rights Reserved.