秩禄処分の目的をわかりやすく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

さて、明治新政府の大きな歳出。

それは武士へのお金だったんだよ。以前も少し触れたけど、戊辰戦争の功績でもお金を支払ったし、廃藩置県で藩主の借金を新政府が引き継いだから、武士にお金を払わないといけなかっしさ。

つまり、新政府にとって志士にお金払うってのはかなりの負担だったわけ。

それを解決しようとしたのが、秩禄処分だよ。

秩禄処分とは

まず、秩禄(ちつろく)ってのは、家禄と賞典禄を合わせたものだよ。

家禄(かろく)= 華族や士族に与えられるお金
賞典禄(しょうてんろく)=維新期の功労者に与えられたお金

だね。
江戸時代はさ、武士は主従関係にあったから家臣と主君は御恩と奉公の関係だったでしょう?

戦に出るためのお金とか米を主君から貰ってたわけ。

でも、版籍奉還に廃藩置県しちゃったじゃん?

今まで武士だった人のお給料はどうやって払うの?士族どうする??

ってのが新政府にとっての問題だったわけ。

それに加えて1873年には徴兵令ができちゃったから、国民皆兵じゃん。もう別に武士にお給料払って戦の時に出てってもらわなくても平民を戦争に参加させられるわけだしさ。

軍事力の強化ってのは各藩が行うんじゃなくて、中央政府が行うわけだしね。

実はこの秩禄ってのは、新政府の歳出の35%以上を占めていたから、とにかく早く削減したかったのね。

 

そこで、1873年に秩禄奉還の法を定めて、

「希望者には数か月分まとめて出すから、秩禄もう無しね!」

っていう、現在のリストラに似たような制度だね。希望退職者的な。ここで家禄の約3分の1を整理するよ。

 

さらに1876年に、華族・士族に秩禄を完全に廃止するにあたって、

金禄公債証書とういう名前の公債証書を発行するよ。なぜ、金禄か?というと現金で支払われるから。

公債ってのは、借金。

「今はお金無いから払えないけど、その証書持ってれば、利子払うから!5年経ったら、ちょっとずつ抽選で当たった人に返していくから!」

という、今でいう国債みたいな形にしたんだよね。

これで明治政府としては、今すぐ支払わなければならないお金を将来に繰り延べられたから資金繰りが良くなったわけだ。

これらすべてを含めて、秩禄処分と言うんだよ。

どうかな?わかりやすく説明できているかな?もしわからなかったら、コメント欄に質問ちょうだいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Warning: extract() expects parameter 1 to be array, string given in /home/jahistory/jahistory.com/public_html/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/bzb-functions.php on line 312

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. くま より:

    そこからの元士族の反乱について教えてください!

  2. リシム より:

    この時の偉人たちの頭の良さを表現するならどれくらいですか?

    1. jahistory より:

      頭の良さって定義だとなかなか難しいですね。
      「勉強ができる」「既存の知識を組み合わせて問題を解く」という点で言えば、もちろん現代でしょうね。
      この200年間で人類はとてつもないスピードで科学や生理学、社会のあらゆる分野で発展を遂げていますから。

      ただ、ネットや情報網も無い時代に、これだけの人たちを扇動して束ねていった過去の偉人たちは地頭や行動力の点では現代よりも遥かに優れているでしょうね。
      IQは現代、EQは明治初期ですかね。定義するのであれば。

  3. 質問 より:

    初めまして、質問です!金禄公債証書で、抽選で当たった人にちょっとずつ返す!と書かれていますが、最終的に明治政府はみんなに返せたんですかね?

    1. jahistory より:

      良い質問ですね!
      1890年(明治23年)にはすべての人に完了しましたよ。ただ現金化できるまでは利子しか貰えなかったので、多くの士族は困窮してしまいました。

      1. 質問 より:

        明治23年ということは、時間がかかってしまったんですね。
        下級の士族が商いに転身したけど失敗したとか聞いたので、ちょっとかわいそうです。。

        ありがとうございました!

  4. nnn より:

    太文字のカギカッコになっている部分がとってもわかりやすいです!!!!
    これよんでわかるようになりました!!

  5. r より:

    1873年政府は家禄奉還の希望者を募り一時金を支給したが、あまり効果がなかった。
    これって間違ってますか❓秩禄処分では公債証書のみが発行されましたが、家禄奉還の法では公債証書と現金で返したという認識だったのですが….教えてください;;

    1. jahistory より:

      コメントありがとうございます。

      はじめに順番の整理ですが、1873年「秩禄公債発行」→1876年「金禄公債発行」という流れです。

      ではご質問に答えていきます。

      >「1873年政府は家禄奉還の希望者を募り一時金を支給したが、あまり効果がなかった。」

      これは正しいです。

      1873年、家禄奉還制度が公布されました。「禄高100石以下の人は、自主的に家禄を国に返してくれたら代わりにお金と公債あげる!」という制度で、これが“秩禄公債”ですね。
      その後の1876年には、「全ての華族・士族の人は、強制的に家禄を返してもらうよ!そのかわり公債だけあげる」という条例が出されました。これが“金禄公債”です。

      当時政府は、国の財政の4割近くを占める秩禄制度を全廃止しよう、と考えていました。
      ただいきなり全廃止とすると反発が大きいので、まず「自主的に返してね」という家禄奉還制度を出し、準備が整った段階で「強制的に返してもらうよ」という金禄公債証書発行条例を出しました。ここで秩禄処分が完了します。

      家禄奉還制度は、秩禄処分の一環だったわけですね。

      >「秩禄処分では公債証書のみが発行されましたが、家禄奉還の法では公債証書と現金で返したという認識だったのですが…」

      これに関してはおおむね正しいです。ですが、2か所ほど補足させていただきます。

      “公債証書”は、家禄奉還制度で発行された公債は「秩禄公債」、金禄公債証書発行条例で発効された公債は「金禄公債」と言い、発行タイミングによる違いがあります。この二つは制度的に別物です。

      また、歴史的順序は「家禄奉還制度」→「金禄公債証書発行条例」ですので、質問者さんのお言葉を借りるなら“まず秩禄公債証書と現金で返して、そのあと金禄公債証書のみ発行された”と言った方がより正確ですね。

      もし更なる疑問点などございましたら、ぜひまたコメントをください。ご理解の一助となれれば幸いです。

コメントを残す

*