明治時代

名古屋事件と飯田事件と大井憲太郎の大阪事件!

自由民権運動の激化事件はまだまだ続くよ。

こんなに覚えないといけないんかい!と受験生としては辛いところだけど、最大規模の秩父事件を1つの区切りとするといいよ。

高田事件、群馬事件、加波山事件 → 秩父事件 → 名古屋事件、飯田事件、大坂事件、静岡事件

といったところかな。ここで1番重要なのが激化時間が全国に広がっている!ってことなんだ。明治政府にやられても諦めない!ってことはそれだけ・・・ってことだからね。

続きを読む

秩父事件での困民党田代栄助!自由民権運動最大の激化事件

今日は自由民権運動最大の激化事件、秩父事件だよ。

秩父事件は個人的にとても思い入れのある事件でね、秩父事件で困民党の総裁になったのが田代栄助って人物なんだけど超マイナーなのね。

もちろん一問一答とかにも出ていないような名前だわ。用語集でも2用語だし。でも俺は受験生の時に日本史極めてたから、もちろん覚えていたのね。

そしたら、早稲田の入試で出たんだよ!!!田代栄助が。

いやー、やっぱり極めるってのは大事だね。ってことで今日は秩父事件だぜ!テンションあがるぜ!!

続きを読む

高田事件と群馬事件と加波山事件も自由民権運動の結果。

前回は福島事件についてやったよね。

県令の三島通庸のかなり高圧的な態度と強引な建設事業に自由党員と農民たちが結託して蜂起した事件だ。

明治政府は「ほらきた!」と言わんばかりに逮捕・処罰したわけだよね。これを皮切りに全国で次々と激化事件が起きていくんだよ。今回は自由党による事件を見ていこう。

続きを読む

三島通庸県令に反対して起きた福島事件!自由民権運動!

さて、再び自由民権運動だ。

国会開設の勅諭が出されて、人々は政党を作ったよね!自由党、立憲改進党、立憲帝政党と作っていったわけだけど明治政府は都度、集会条例で取締りをしていくよね。

よもや自由を求める人々と押さえつける政府の戦いだわ。そして、松方デフレでもって人々の不満は蓄積されていくわけだ。

それが表れてきたのが福島事件ってことなわけ。

続きを読む

日本銀行が銀兌換銀行券を発行へ!紙幣整理が目的!

前回は松方デフレについてやったね。

大隈重信は西南戦争の出費などで発生したインフレと不換紙幣の回収のために、外国に5000万借りようぜ!となかなかぶっ飛んだ政策を掲げたよね。

でも失脚して、松方正義が松方財政でもって緊縮財政をしたわけだ。その松方財政の一環の中で、「日本銀行」が設立されたわけなんだけども、今日はその日本銀行と銀兌換銀行券についてね。

続きを読む

大隈財政と松方財政の違い!松方デフレとは何か。

今回は財政についてだね。

政治と経済は表裏一体で、政治の政策が経済状況を作り、経済状況に応じて政治方針が決まるわけだから。

この時期に重要なのが、明治十四年の政変で下野した大隈重信により大隈財政と、1880年代前半に実施された松方正義による松方財政だね。

続きを読む

立憲帝政党は翌年に解散した政党。福地源一郎が作る!

国会開設の勅諭が出されて、自由党や立憲改進党が作られたよね。

10年後に国会開きますよ!と明治政府が天皇に進言する形で、勅諭を出したので、人々は政党を作っていったわけだ。

しかーし!!明治政府は集会条例で厳しく取り締まったんだよね、それで衰退していっちゃったわけ。

ちょっとマイナーなんだけども、立憲帝政党ってのも作られているんだよ。

続きを読む

板垣退助の自由党と大隈重信の立憲改進党が結成される。

さて、伊藤博文と政権の主導権を争っていた大隈重信は免官させられたね。

国会を早期に開こうとしたことと、開拓使官有物払下げ事件にも関係してるだろう!!ということで辞めさせられてしまったんだね。

伊藤博文の主張とはまったく異なる急進的な考えだったからね。

そんな大隈重信は政党を作ることになるんだよ。今日はそんな話。

続きを読む

私擬憲法とは自由を求める人々の努力である。

今日はちょっと感動的だよ。

個人的には、明治の自由民権運動で明治政府と戦いながら民主主義や平等を求める人たちの努力ってのは泣けるんだよ。

今回は国会期成同盟ができた1880年頃からどんどん作成されていった私擬憲法についていくよ。

ちょっと暗記するのが大変な内容だけと頑張ってな!

続きを読む

国会開設の勅諭と明治十四年の政変!大隈重信は免官。

前回は開拓使官有物払下げ事件についてやったね。

めちゃくちゃ安い金額で開拓使を五代友厚に売ろうとした事件だ。自由民権運動を明治政府に抑えつけられている人々としては、「おい!どうなってんだよ!ズブズブの関係かよ!」と明治政府を批判する良い機会だったわけだ。

このことから、国会開設の勅諭、明治十四年の政変へとつながっていくよ。

続きを読む