明治時代

no image

明治時代

玄洋社の来島恒喜に大隈重信はやられる。

各国と個別交渉をした大隈重信はイギリスのロンドンタイムスにバラされるわ、国内の国粋主義者らに 批判されるわ、で散々な結果だったんだよね。そんな大隈重信だけども実は暗殺未遂にあって負傷しているんだ。 早 ...

no image

明治時代

1889年の外相大隈重信はロンドンタイムズに個別交渉大隈改正案をバラされる。

井上馨の次に条約改正に舵を取るのは、時の外相大隈重信だ! 井上馨ちゃんの井上改正案を若干修正して、秘密裡に各国と交渉を続けていくんだけど、憎きイギリスのロンドンタイムスにバラされちゃうんだよね。 こう ...

no image

明治時代

ノルマントン号事件で不平等条約について考えさせられる。語呂合わせはイヤヤロ!

今日は日本の人々は不平等条約について痛烈に考えさせられたノルマントン号事件。 ノルマントン号事件の語呂合わせは、「1886(イヤヤロ!)不平等条約。ノルマントン号事件!」だね。不平等なんてイヤヤロ? ...

no image

明治時代

内地雑居を認めようとした井上馨は売国奴なのか?

今日はちょっとばかし、日本史の背景を知るトピックね。 理解が深まるから、なんで井上馨の井上改正案が批判の対象になったのか?ってのがわかるぜ。 内地雑居を認めようとした井上馨は売国奴呼ばわりされていただ ...

no image

明治時代

井上馨の井上改正案と欧化政策とは。

何度も言うぜ! イテイオアムコ。明日友達にあったら、「よーイテイオアムコ!」「どう?最近?イテイオアムコやってる?」「いやー昨日のイテイアオムコが凄くてさ・・・」と話しかけよう。 馬鹿みたいに聞こえる ...

no image

明治時代

寺島宗則の条約改正。

さて、前回の条約改正の大きな流れについて学んだね。 イテイオアムコ!イテイオアムコ!イテイオアムコ! もう覚えたかな。この条約改正の中だと、ちょっとばかし地味な人物なんだけども・・・寺島宗則についてい ...

no image

明治時代

条約改正はまず流れと人物を掴もう。【覚え方】

1858年の安政五カ国条約で日本は不利な条約を結ばされたわけだ。 「こーしてはいられん!」と憲法を作って、富国強兵をして、地方を統治して・・・などなど欧米列強と対等に渡り合うために日本はすごい勢いで成 ...

no image

明治時代

品川弥二郎が作った国民協会は1892年に発足。

さて、前回は品川弥二郎の無残な選挙干渉についてやったね。 お金で有権者を買収するわ、民党の人たちを文字通りボコボコにするわ、でなんでもアリの選挙だったわけだ。それでも政府側は惨敗! 民党に過半数を取ら ...

no image

明治時代

第一次松方内閣での出来事つづきと品川弥二郎の選挙干渉。

前回は蛮勇演説についてやったよね。 樺山資紀いいよね。「誰のおかげで日本がこんなに豊かになったと思ってたんだ!薩長だろ!ちょっとぐらい我慢しろ!!」 って演説した人物だね。これには民党はブチ切れなわけ ...

no image

明治時代

樺山資紀の蛮勇演説と第二議会の第一次松方内閣

次は第二議会。 第一議会 → 第一次山縣内閣 第二議会 → 第一次松方内閣 このあたりを整理できながら暗記していくとマジ強いよね。第二議会=第一次松方内閣の目玉は樺山資紀の蛮勇演説だぜ!!

Copyright© 大学受験の日本史を極めるブログ , 2019 All Rights Reserved.