鎌倉時代

永仁の徳政令について内容も分かりやすく説明! 語呂合わせも紹介。

鎌倉時代中期以降、御家人の生活はどんどん貧しくなってきていたんだ。

その背景には、所領の細分化と貨幣経済の浸透について行けなかったことがあるんだ。

 

このように貧しくなった御家人を助けるために出されたのが、

今回説明する永仁の徳政令。

 

じゃあ早速永仁の徳政令について説明するよ。

 

続きを読む

鎌倉時代の農業・産業・経済についてわかりやすく説明!

今回は鎌倉時代の農業・産業・経済について説明するよ。

 

鎌倉時代における生産の基盤は農村であって、様々な人々が農村で生活を営んでいたんだ。

農業に従事する農民を始め、武士、商人、手工業者、宗教者など、様々な人々が暮らしていたよ。

 

じゃあ、さっそく農業の発達から見ていこう。
続きを読む

鎮西探題とは?わかりやすく 異国警固番役との違いも紹介。

これまでに蒙古襲来と異国警固番役について学んだね。

蒙古襲来は2度あったけれど、どちらもモンゴルの失敗で終わったんだ。

 

だけど、いつ3回目の襲来が実行されるか、全く予測がつかなかったんだ。

そこで幕府は、異国警固番役を続けていくことはもちろん、新たに鎮西探題を博多に置いたんだ。

 

今回はその鎮西探題について分かりやすく説明していくよ。

続きを読む

弘安の役について分かりやすく説明!神風とは? 語呂合わせも紹介

前回は文永の役の前に蒙古襲来に備えて設置され、文永の役の後に強化された異国警固番役について学んだね。

 

今回は文永の役の後に起こった2度目の蒙古襲来である弘安の役について説明するよ。

 

文永の役で撃退されたけれど、あきらめずに2度も日本にやってくるなんて図太いね。

続きを読む

元寇(蒙古襲来)とは?文永の役をわかりやすく。対馬の惨劇

鎌倉時代に起きた一大事件と言ったらまずこれだろうね。

 

元寇(げんこう)。蒙古襲来と言ったりもする。

当時中国大陸を仕切っていたモンゴル帝国と高麗(朝鮮)が2回行った、日本への侵攻のことだね。

 

古代以降、何百年も外国と戦争なんてしてこなかったから、鎌倉時代の人々にとっては前代未聞レベルの大事件だったわけだ。

文永の役、弘安の役の2つあるんだけど、そのうち今回は文永の役について詳しく見ていくよ。

 

続きを読む

下地中分を簡単にわかりやすく。半済令との違いについても。

鎌倉時代は政治的にも、社会的にも大きく変化した時代だってのはこれまでよく言ってきたよね。

 

で、その一環で平安時代から続いてきた「荘園」の在り様も鎌倉時代を機に結構変わる。

簡単に言うと、これまでは貴族や寺院が持っていた荘園の権利が、鎌倉時代になると次第に荘園の権利が武士の手に渡っていくんだ。

 

今回は荘園の復習も含めて、詳しく解説していくよ。

続きを読む

宝治合戦はなぜ起こった?わかりやすく解説するよ。

前回は御成敗式目について詳しくみてきた。

3代執権であった泰時は、御成敗式目を制定して御家人たち武士のための「法律」をつくったんだったよね。

 

さて今回からはは、少し時間を進めて5代執権北条時頼について。

 

時頼も泰時と同じように、北条氏の権力を不動のものにすべくいろいろな方策を練っていく。今回はその中でも、執権を握る北条氏の家系(得宗家ともいう)の権力を確固たるものにした「宝治合戦」について見ていくよ。

続きを読む