平安時代

平氏政権を簡単にわかりやすく!日宋貿易との関わりについても

平治の乱終結後、一旦小康状態となった二条天皇と後白河上皇。

しかしこの後、ま~いろいろあった。

 

後白河院制が停止させられたり、二条天皇が死んだり、後白河院制が復活して二条派が無くなったり・・・。

そんな中で、ひたすら上手く立ち回って権力をどんどん拡大していったのが、お馴染み平清盛。

 

最終的には後白河上皇に取り入って、内大臣や太政大臣にまで昇進(当時では異例中の異例)し、政治の中枢にまで入り込む。

 

そして始まるのが、清盛による“平氏政権”、日本初の武家政権というわけだ。

続きを読む

応天門の変をわかりやすく!事件の真犯人、真相とは?

前回見た「承和の変」で、良房の権力は相当強大なものになり、他の有力氏族に悪いイメージをつけることに成功した。

 

そんな中、ど~も不可解な事件が発生するんだよね。

応天門の変というやつなんだけどね。

 

この事件、真相がどうとかとか、黒幕が別にいるんじゃないかとか、まあいろいろ言われてる事件で。

良房黒幕説まである事件。

 

今回はこれを詳しく見ていくよ。

続きを読む

平治の乱は誰と誰が戦ったの?相関図で分かりやすく。【後編】

平治の乱(前半)では、信西派と後白河派(信頼)&二条派のバトルが繰り広げられたね。

まあ清盛がいなかった事もあって一方的な結果になったけど。

 

後半はどうなるかというと、今度は「信頼と二条派」のバトル。

ここに事件の知らせを聞いて急いで京に戻ってきた平氏勢力も加わってきて、前半よりも大規模な戦闘になるよ。

 

詳しく見ていこう。

続きを読む

平治の乱は誰と誰が戦ったの?相関図で分かりやすく。【前編】

保元の乱によって、崇徳上皇とその派閥は敗北。

後白河天皇を擁する鳥羽派が勝利したよね。

 

というわけで後白河天皇の治世が始まるわけだけど、前回のラストでちょっと触れたように、

後白河天皇の裏には信西という坊さんがいたんだよね。

 

後白河天皇は鳥羽vs崇徳の争いに巻き込まれる形で、唐突に天皇になっちゃった系の人だから、側近である信西に頼らざるを得ない状況にもあった。

結果、後白河天皇による政治というよりも、「信西による政治」が始まることになるんだけど。

 

これがまた、新たな対立を生んでしまうんだ。

詳しく見ていこう。

続きを読む

承和の変を簡単に分かりやすく!語呂合わせも紹介するよ。

嵯峨天皇は前回の「薬子の変」の後、弟の淳和天皇の天皇の座を譲って自分は上皇となり、大ボスとして政治の中心に君臨し続けた。

淳和天皇もすぐに上皇となり、嵯峨天皇の息子である仁明(にんみょう)天皇に座を譲った。

 

そんな嵯峨上皇・淳和上皇・仁明天皇の裏で・・・。

またあの一族が動き始めていた。

 

そう、藤原氏だ。

 

しばらくその権勢を弱めていたものの、じわじわとまた朝廷の中枢に近づいて、のし上がろうと計画していた。

詳しく見ていこうか。

続きを読む

薬子の変をわかりやすく!蔵人頭の誕生についても。

桓武天皇が806年に亡くなった後、その子である平城天皇が即位した。

 

この平城天皇も桓武天皇よろしく政治改革にノリノリな人だったんだけど、病気がきっかけで皇位を弟である嵯峨天皇(さがてんのう)に譲ることになる。

 

しかし・・・平城天皇の後ろには藤原薬子という女性の影があったりして、これが壮大な兄弟げんかに発展しちゃったりする。

なんのことやらさっぱりだと思うので、詳しく見ていこう。

 

続きを読む

桓武天皇は何をした?勘解由使、健児もわかりやすく。

「律令制」という仕組みで成り立っていた奈良時代は、案外早く終焉を迎えてしまう。

710~794だから、わずか84年だね。

 

前回見たように、墾田永年私財法による「班田収授制の崩壊」を皮切りにして日本の律令制は崩壊していく。

 

この律令制崩壊の大きな転機となったのが、桓武天皇の治世。

桓武天皇が794年に都を平安京に移したことから始まる平安時代は、律令の時代から武士の時代へとゆっくりゆっくり移り変わっていく時代でもあるんだ。

 

今回は、そんな平安時代の夜明けを担った桓武天皇の政治について見ていこう。

続きを読む

遣唐使の目的とは?簡単にわかりやすく。

前にヤマト政権についての記事で、遣隋使について見たことがあったね。

https://jahistory.com/ken-zui-shi/

 

第二回遣隋使では中国の皇帝をブチ切れさせるという大事件があったものの、なんやかんやその後関係は築かれて行って、朝貢貿易が成り立っていた。

 

その隋が618年に滅びてしまい、代わりに唐という国になったんだけど、日本はそのあとも交流を続けた。

で、そこで送られていたのが遣唐使だ。

続きを読む