江戸の数学がスゴイ!吉田光吉の塵劫記って!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今回からは、「数学」の発達について見ていこう。

 

実は江戸時代の数学は、めちゃくちゃ発達していたんだ。

学校でも数学の先生がよく言っているかもしれないね。

 

江戸時代の数学者の中でもとくに有名な学者の一人、吉田光由(みつよし)について見ていこう。

 

吉田光由は「和算」の普及の立役者

吉田光由は、京都の豪商、「角倉家」の一族の一人として生まれた。

角倉家といったら、あの角倉了以が思い浮かぶよね。あの角倉了以の外孫だ。

 

吉田光由の大きな功績は「和算」を普及させたこと。

和算は、中国から伝わってきた数学がもととなってできた学問。

それが日本で独自に進化を続け、当時一番数学が発展していたヨーロッパに匹敵するレベルになっったんだ。

 

そのきっかけを作ったともいえる人物が、吉田光由なわけだ。

 

塵劫記って何が書かれてるの?

 

吉田光由が書した本で最も評価が高いのが、「塵劫記(じんこうき)」というもの。

 

これは一言でいうと、「日常で使う計算知識がほぼすべて乗っている参考書」だ。

 

数字の数え方から単位、掛け算(九九)といった超基礎的な内容から面積の求め方まで、日常遣いにはこれ一冊あれば困らないレベルだ。

例題も日常であるような出来事を題材に作られているから、誰にでも理解できるようになっている。

この本を超える日常用算術書が出なかったので、江戸時代中はずっと発行され続けた。

 

まとめ

吉田光由は、和算を庶民に普及させるのに大きく貢献した。

そして、後に江戸の数学者・関孝和によって和算は大成される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*