与謝蕪村の俳句の代表作は?絵画的な俳句ってなに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は、江戸時代を代表する黄表紙作家のひとり、恋川春町について見てきたね。

『金々先生栄華夢』で一躍人気となったけど、そのあと出した『鸚鵡返文武二道』が寛政の改革を風刺してしまった為に弾圧されたんだったね。

 

今回は、「俳句」分野で大きな功績を残した人物である与謝蕪村(よさぶそん)について見ていこう。

 

与謝蕪村の俳諧とは。

与謝蕪村は、単に「蕪村(ぶそん)」と呼ばれることもある。

 

与謝蕪村の時代では、連歌タイプの俳諧ではなく、発句(連歌の一番最初の五・七・五の部分のこと)だけを詠むことが主流になってきた。

ちなみに発句は明治以降“俳句”と呼ばれるようになる。

蕪村が詠んだ俳句は、当時の主流だったものとは全く違った。

 

平凡で世俗的な月並調俳句と言われるものが当時流行っていて、これは独創性が全く感じられないようなものだった。

 

これに対して蕪村は、「絵画的」な描写をしたことで世間を虜にする。

この「絵画的」ってどういうことか。

 

蕪村の絵画的な俳句とは、五・七・五のたった十七音でわずかな情景を描写するだけその情景を描いた絵が頭でイメージできてしまう、ということだ。

 

例を一つだそう。

菜の花や月は東に日は西に

すごーく広大な開けたところに一面咲いている菜の花、日が沈みかける空の雄大さが浮かんでこないかな?

このように、選び抜かれた言葉十七音で一枚の絵が頭に浮かんできてしまう。

これが蕪村の俳句が絵画的と言われるゆえんだ。

 

まとめ

蕪村の詠んだ洗練された俳句は、当時の詩人のみならず、明治時代の俳人たちをも魅了した。

天才的な語学センスの持ち主だったんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*