倭寇と勘合貿易の関係は? 簡単にわかりやすく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

室町幕府が成立し、幕府の権力が形成されていった14世紀後半。

この頃は、東アジアの情勢が大きく変化し、新しい国際関係が築かれ始めたんだ。

今回は、その時期に現れた海賊集団「倭寇」と、その頃に行われた貿易「勘合貿易」についてわかりやすく説明するよ。

倭寇とは?

倭寇とは何かみんな知っているかな?

 

倭寇とは、13~16世紀後半に、朝鮮・中国沿岸で、米などを奪ったり、

密貿易を行っていた海賊集団のことなんだ。

 

倭寇は「前期倭寇」と「後期倭寇」に分けることができて、

勘合貿易に関係してくるのは、14世紀の倭寇である「前期倭寇」なんだ。

 

「倭」という字は日本を表すから、日本人の悪い人たちの集まりのように感じるよね。

 

でも、実際には日本人ばかりだったわけではないみたいなんだ。

 

というのも、この頃の倭寇は、朝鮮半島と中国大陸沿岸を荒らしまわっていて、

朝鮮半島を荒らした倭寇は高麗人、中国大陸沿岸を襲った倭寇は中国沿海民が中心となっていたんだ。

 

高麗は、倭寇を取り締まるように日本にお願いしにきたけど、

倭寇の根拠地である対馬・壱岐・肥前松浦地方といった九州の地方は、戦乱の真っただ中だったから、

倭寇をうまく取り締まることができなかったんだ。

 

高麗は1392年に滅亡するけど、この滅亡に至ってしまった原因の1つにはこの倭寇が関係していると考えられているよ。

勘合貿易とは?

勘合貿易とは日明貿易とも呼ばれるんだ。

日本と明が行っていた貿易のことだね。

 

明は、1368年に朱元璋によって中国に建国された国なんだ。

明は建国されると、国交の開始を近隣の諸国に呼びかけ始めるんだ。

 

日本ももちろん、明から国交を開くように言われるよ。

でも、倭寇が暴れまわっていることは明の耳にも入っていたから、

日本にやってきた明の使者から、倭寇を禁止するようにお願いされるんだ。

 

倭寇は取り締まろうとするんだけど、日本だけで取り締まろうと思ったらきっと限界があるよね。

 

そこで、明は倭寇対策として、国王以外には貿易を認めない方針をとったんだ。

これを海禁政策というよ。

 

また、明を訪れる船には、明から交付された勘合という証票を持参することが義務付けられるようになったんだ。

 

勘合の持参を義務付けることによって、倭寇と正式な貿易船を区別することができるようになったんだ。

 

このことから、日明貿易は勘合貿易と呼ばれるようになったんだ。

倭寇と勘合貿易の関係は?

倭寇の出現によって、朝鮮半島や中国大陸沿岸部は荒らされて大変な思いをしたよね。

その倭寇の侵入を防ぐ対策として新しく中国に建国された国、明で行われたのが、勘合を持参することを義務付ける方法。

 

勘合を持参する貿易のことを勘合貿易というよ。

 

つまり、倭寇の対策のために始まった貿易の方法が勘合貿易というわけだね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*