豊臣秀吉のまとめ!④本能寺の変で中国大返し、山崎の戦い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は、秀吉の浅井・朝倉し討伐と三姉妹の救助について見てきたね。

この戦いで大きな功績をあげた秀吉は、信長から大きな信頼と報酬を得たんだった。

 

して天下統一を目前にした信長。

ここであの大事件が起きるわけだ。

 

秀吉が鳥取攻めで詰まっている途中・・・。

秀吉は、朝倉・浅井氏討伐を終わらせてひと段落すると、今度は中国地方を制圧すべく遠征に向かう。

姫路城を拠点として兵を進めていったんだけど、鳥取城を攻める際に手こずってしまう。

秀吉はこの城を落とすために兵糧攻めを行った。

なんと2年間もの長きにわたって兵糧攻めを行い、何千人もの餓死者を出した。

その後は備中高松城を落とそうとしたんだけど、この城主がなかなかに頭のいい将軍。

 

背後には毛利氏も援護についていたため戦局が硬直。

信長に援軍を求めるか・・・と思っていたころに本能寺の変が発生。

 

主君を討った明智光秀を倒すべく行動を開始する。

中国の大返し

まず、争っていた毛利と急いで講和を持ち掛ける。

これが成立するや、豊臣は200㎞離れた京都へ全速力で向かう。

 

様々な荷物・武装を抱えながらなんと10日で京都にたどり着き4万もの軍を動員した。

これを中国の大返しと呼ぶ。

 

明智軍はわずか1万6000。信長ほど信用を得られていなかったために、思ったほどほかの武将から協力が得られなかった。

 

結果は明白だ。

光秀は戦いに敗れ、逃げる途中で落ち武者狩りに遭い、殺されてしまう。

 

これが山崎の戦いというものだ。

 

まとめ

信長の仇を討ったことで、信長家臣団の中での発言力は非常に高まった。

しかし、この後信長の家臣団の中で争いが勃発する。

 

身内での覇権争いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*