五奉行を補佐した「五大老」にはだれがいた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は、秀吉の側近である五奉行について見てきたね。

五奉行は秀吉のもとで様々な政策の補佐をしたんだった。

 

今回紹介するのは、五奉行を補佐した五人、通称「五大老」について見ていくよ。

秀吉から見れば「補佐の補佐」に当たる。

 

五大老には誰がいた?

五大老は、五奉行の補佐として秀吉に仕えており、別名「五人の衆」。

 

五大老は以下の五人。

  • 徳川家康

言わずと知れた江戸幕府の初代将軍だ。

一度は織田信雄の名のもとに秀吉と争ったけど、その後は秀吉の臣下として仕えていたわけだ。

五大老の中でも家康はトップの家禄、実力を持っていた。

 

秀吉が朝鮮出兵にうつつを抜かしているころには関東でぐいぐい力を伸ばしていて、関ヶ原の戦いで勝利することになる。

  • 前田利家

もともと利家は信長の家臣として仕えていたんだけど、のちに秀吉に仕えた。

家康と同じくらい強力で、肩を並べるくらいだったんだけど間もなくして病死してしまう。

 

利家の子供は関ヶ原の戦いで徳川軍につく。

 

  • 毛利輝元

毛利元就の孫にあたる。関ヶ原の戦いでは豊臣の側について大坂城にいたため、戦い終了後そのことを咎められて領地を減らされてしまう。

 

  • 宇喜田秀家

秀吉と深くつながっていて、秀吉からの信任も厚かった。

関ヶ原の戦いでは豊臣側について戦い、終了後は八丈島へ島流しとなった。

 

  • 上杉景勝

上杉謙信の跡を継いだ養子。北陸を統べる強力な武将だった。

関ヶ原の戦いでは石田三成率いる豊臣側についたんだけど、敗北してしまったために領地を減らされてしまう。

※旧メンバー

  • 小早川隆景

毛利元就の息子に当たる人物で、秀吉の中国地方制圧に大きく貢献していた。

隆景が死んでしまって以降、五奉行の補佐官たちは「五大老」と呼ばれるようになった。

 

だから六大老ではないんだ。

 

まとめ

五大老の一人、徳川家康はのちに豊臣の軍勢を関ヶ原の戦いで破り、豊臣の家系を滅ぼすことになる。

盛者必衰の理が如実に表れているよね・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*