東洲斎写楽は役者絵の異端児であり、「謎多き絵師」【後編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

さて、今回は“東洲斎写楽は役者絵の異端児であり、「謎多き絵師」”の後編だ。

謎多き写楽の作品は、実に個性的なものばかり

 

しかし、当時の民衆にはあまり受け入れられなかった、という。

詳しく見ていこう。

写楽の作品

写楽の書いた浮世絵は、主に「役者絵」「相撲絵」だ。

役者絵とは、歌舞伎役者の似顔絵を描いたもので、相撲絵は力士の似顔絵や土俵入りを描いたもの

 

写楽の書いた浮世絵は、俗にいう「上手い絵」というわけじゃない。

彼の描く役者絵や相撲絵は、実際当時の庶民たちに不人気だった。

 

というのも、役者絵や相撲絵は「役者の特徴をとらえつつも美しく、かつリアルに描く」ことが大前提だった。

写楽の絵は、リアルに描くのではなくデフォルメして、目元や口元などの表情を大げさに書き、さらには斬新なポーズをとらせたものだった。

 

あまりに個性的かつ印象的で、大衆には受け入れられなかったんだ。

 

そんな写楽の一番有名な作品はこれ。

  • 『大谷鬼次の奴江戸兵衛』

よくよく見てみると「手どうなってんだ!?」「姿勢おかしくね!?」と気が付く部分もあるけど、それよりも先に「おお・・・!」と唸ってしまうようなインパクトがあるよね。

 

これが写楽の作品の魅力なんだ。

 

まとめ

写楽は、実際「ど素人」だったといわれている。

しかし、絵の本当の良さは上手さよりも「味」で決まる。(らしい。)

 

だからこそ、写楽は現代において個性派の画家として人気なんだ。

 

そう考えると、写楽の描いた『大谷鬼次の奴江戸兵衛』は「ヘタウマ」とか「ビギナーズラック」による産物なのかもしれないね。

実際、10か月のうち最初のころに出た作品が一番個性的で、終わりの方になると急激に画力が衰えたと言われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*