富永中基は神道や儒教、神道の争いを否定した!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今回見ていくのは、富永中基(なかもと)という思想家について見ていくよ。

 

彼は、前回紹介した郷校のひとつ、大坂の「懐徳堂」で学んだ人物なんだ。

 

幼少のころから儒教を批判!

 

中基は、大坂の醤油づくりをしていた商人の息子として生まれる。

 

15歳になるまで、郷校である懐徳堂で儒学を勉強していた。

中基は非常に優秀で、なんと20歳くらいで「説蔽(せつへい)」という儒学批判の本を書いてしまう。

これが原因で破門にされたとかなんとか。

その後家を出て、お寺で仏教の勉強をしたりしていくうちに、仏教に対する批判心も持ち始める。

 

 

富永中基の著書

24歳の時には『翁の文(おきなのふみ)』という著書で、儒教・仏教・神道が「俺の教えが一番サイコーだ!他二つはゴミ!」と言い争うのを批判した。

 

国の状況に合わせてその都度最適な教えをとればいいじゃないの、というのが中基の考えだったわけだ。

 

31歳の時には、有名な『出定後語(しゅつじょうごご)』という本を書き上げる。

この中で、中基は

仏教研究してみたんだけどさ今ある仏教の経典って、ブッダが言った言葉そのものじゃない思うんだわ。古い経典に違う教えを勝手に加えて新しい経典がつくられる、この繰り返しなんだよ。

という“加上説”を唱えた。

 

これは今までの常識をぶっ壊す内容だった。

みんなは「仏教の経典はみんなブッダが言ったに決まってんじゃん!ありがたや~」と言ってた中で、「NO」を突き付けたわけだ。

古い経典に新しいエッセンスを加えることで、「よりよく見せることができる」という人間の心理を的確に見抜いたんだ。

 

まとめ

中基が提唱した「加上説」は仏教界に大きな影響を及ぼした。

皆が「仏典はすべてブッダの言葉!」と信じて疑わなかったことを疑い、見事加上説を導きだしたのは流石としかいいようがない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*