討幕の密勅とは大政奉還の同日の出来事である

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は大政奉還について話したね。

薩長に武力行使でやられる前に、政権を朝廷に返しちゃえ!っていう徳川慶喜の作戦だったね。

穏健派の土佐藩、山内豊信のアドバイスのもと1867年10月14日に起きた出来事だったね。

 

実はこの大政奉還の前日と当日に、薩長は討幕の密勅を手に入れてたんだよね。

討幕の密勅とは

 

徳川慶喜やっちゃっていいよ。ユー!やっちゃいないよ by 朝廷

これが討幕の密勅だね。

大政奉還も討幕の密勅もさ、もちろんいきなり起きたわけじゃないからね!

日本史勉強していると出来事だけしか学ばないから、

「やられる前に大政奉還!?すげぇぇーー!!」
「大政奉還の同日に討幕の密勅!?すげぇぇーー!!」

って思っちゃうところだけど、実際は何日か、何十日かの月日をかけて熟成していった出来事なんだよ。

まずね、大政奉還って10月14日だったじゃん?

10月には、討幕を決意した薩長両藩士が大坂、京都に続々と挙兵してるのね。前入り的なね!

江戸幕府はその様子もちゃんとみているわけだからさ、土佐藩の山内豊信としては、「ほらほら、こんなに討幕しようとしてますよ。やられる前に大政奉還しましょうよ!」とね。

 

で、1週間前の10月8日に討幕の密勅の準備は着々と進んでてさ、

やっとこさ、14日に討幕の密勅が手に渡った時に、慶喜が大政奉還しちゃったわけ。

 

偽造説

この討幕の密勅は偽造っていうか、正式には偽勅節があるんだよ。勅ってのは天王の命令のことね。

だって孝明天皇亡くなっているしさ。子供の天皇がどうやって密勅出すのよ。と。それに手続きもめっちゃ早かったから、まぁ偽勅だよね、普通に考えて!ってのが世間一般の認識なんだよね。

 

実際は公卿の岩倉具視が主導していたの。

 

 

 

この後の流れ。

大政奉還の翌日に朝廷で受理され260年続いた江戸幕府は滅亡したわけだ。

でも、普通に考えて今日滅亡したから、明日からはナシね!とはいかないでしょ。

そんな簡単に終わらせられないわけだ。

 

だから、江戸幕府ってのは大政奉還をした後も「旧幕府」ということで依然として強い勢力を持っていたわけだね。

そんな状況にもちろん薩長はおもしろくないわけじゃん。だから、戊辰戦争へと繋がっていくわけなんだよ!

いいかい。ここがクリアになれば、明治の始まりは獲ったようなもんだよ。しっかりと理解しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

当ブログの有効的な使い方

「大学受験の日本史を極めるブログ」は使い方1つで、結果が大きく違ってきます。

・国公立・早慶レベルまで知識を深めるには?
・知識を定着させるアウトプットの方法は?
・良くわからない時はどうしたらいいの?

そんな悩みを解決する、当ブログの使い方をじっくり読んでみてください。

当ブログの使い方はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*