加藤弘之の広めた天賦人権論(てんぶじんけんろん)とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今日は明治時代の啓蒙思想家である加藤弘之についてだよ。

この人は本当に面白い人でね。当初は、「人間みな平等!」という、福沢諭吉や中村正直と同じ立場を取るんだけど、「いやいや国家でしょ!」と考えを改めちゃう人なんだよ。

でも、天賦人権説を最初は進めた張本人だからさ。そこんとこ覚えておいてよ。

加藤弘之の広めた天賦人権論とは?

人間は生まれながらに自由平等!幸福を求める権利がある!!

というのが天賦人権論(=天賦人権思想)というものだね。

イギリスやフランスで栄えた啓蒙思想で、フランスはルソー、イギリスはミルなんかが有名だよね。

加藤弘之は、この天賦人権論を日本に広めた人物なんだわ。

明治維新の後に、『真政大意』『国体新論』という彼の書物の中で、「人間はみんな平等だよね。」「幸福を求めるのって素晴らしいよね。」と書いているの。

この頃は、

「四民平等で人々は平等になったのに、いまだ元えた・ひにんを差別しているなんて恥ずかしい!!」

と超かっこいいこと言ってんのね、加藤弘之は。なんだって天賦人権論者だからさ。

 

でもね、明治7年の民選議員設立運動が盛んになってきた時に、国学系の志士に

「そういった主張はやめなよ」


って強く迫られるのね。もともと自由民権論者としての限界を感じてた、加藤弘之は方向転換して社会的ダーウィニズムに傾倒するのね。

ダーウィンの進化論って、強いものが生き残り、弱いものは淘汰される!って主張じゃん。

だから加藤弘之、社会進化論を唱えて、

「適者生存、優勝劣敗」

の視点から、社会的有機体説を説き始めるの。ようは

天賦人権論なんて嘘だよ!国家の利益を優先しなきゃダメ!!!!

と180度、考えを変えちゃうんだよね。おもしろいよね。まぁ社会の流もありましたし、東京大学の総理にもなっている人だからね、いろいろあるんでしょ。

加藤弘之

天賦人権論 → 国家主義思想
この気持ちの変化だけは覚えておいてよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

当ブログの有効的な使い方

「大学受験の日本史を極めるブログ」は使い方1つで、結果が大きく違ってきます。

・国公立・早慶レベルまで知識を深めるには?
・知識を定着させるアウトプットの方法は?
・良くわからない時はどうしたらいいの?

そんな悩みを解決する、当ブログの使い方をじっくり読んでみてください。

当ブログの使い方はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*