台湾出兵の原因は琉球漁民殺害事件!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

さて、さかのぼること1871年。

ちょうど廃藩置県があった年に日本は、清国と対等条約の日清修好条規を結んでいるよ。せっかく清国と対等の条約を結んだのに、

くしくも清国の台湾先住民が琉球国の漁民を大量に殺害する事件が起きるんだわ。
これが台湾出兵の原因となるわけだ。

琉球漁民殺害事件とは

 

琉球王国の宮古島の漁民66名が台湾に漂着したのね。

で、台湾の先住民が54名を殺害したの。野蛮なやつらだね。

 

実は、この時期琉球王国ってのが、「日本に属しているのか」「清に属しているのか」って清ともめてた時期だったんだよね。

江戸幕府の時も琉球王国ってのは、日本にも清にも朝貢している国で両国は取り合っていたの。

 

だから日本としては、

「これは良いチャンスだ!うちの国の人間が殺されたってことで清を責めよう!!」

としたわけ。待ってました!といわんばかりにこのチャンスを生かそうとしたんだね。

 

で、清の反応。

「え?台湾?そんなの清の人間じゃねぇよ」

と責任をとらない方針を決めたわけ。
明治政府の反応。

「はいはいはいはい、わかりましたよ!台湾は清じゃないんですね?

じゃあ、うちがやっちゃってもいいんですよね?」

ってことで、出兵を決めたわけ。自ら討伐してやろうと。

 

台湾出兵とは

台湾出兵が決まったのは1874年のことだよ。琉球漁民殺害事件から3年も経ってからのことなんだね。

指揮したのは西郷従道(さいごうつぐみち)。西郷隆盛の弟だね。

 

日本は3600名もの兵を連れて台湾出兵をして、戦争を優位に進めたんだけども・・・

欧米にってはおもしろくなかったの。せっかくアジアという地域の貿易を開拓したのに台湾出兵とかで極東に混乱が生じたら貿易がうまくいかなくなるからね。

そこっで、清に駐在しているイギリス人のウェードのもと日清互換条約を結んで解決したのね。
清は「台湾は清ではありません」とか言ってたくせに、「日清修好条規の領土不可侵に反する!」なんて言ってたからね。

イギリス人が調停に入ってくれてよかったのかもしれない。

 

台湾出兵の意味

 

実は、この台湾出兵ってのは明治政府がはじめて海外に打って出て戦争をしかけた出来事なんだよ。

ちょっと1年遡ってみて。

1873年には明治六年の政変で征韓論を支持してた人たちが一斉に下野したでしょ?

そんな時に、台湾出兵をしているわけなんだわ。内地優先派の大久保利通でさえ台湾出兵には賛成の立場だったから。

 

だから、征韓論に反対している人たちでさえ朝鮮を侵略することを反対していわけじゃなくて、基本的には対外膨張路線なんだけども、朝鮮攻めるのはまだ早いよね!って立場だったわけだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*