満州

ノモンハン事件をわかりやすく!北進論から南進政策への転換点

日中戦争が次第に激化していったころ、実は中国とはまた別の国と戦闘が発生していた。

その別の国というのが、ソ連。

 

思い出してほしいのは、日本には満州というほぼ植民地が存在すること。そして、満州の隣には「ほぼソ連」と呼ばれるほどソ連と関係しているモンゴルがあった。

 

日独防共協定で分かるように、日本は社会主義国のソ連を敵対視してるソ連側も日中戦争をおっぱじめた日本を危険視している。

 

そんな二人が隣り合ったらギスギスするのは当然のことだよね。

で、ついにケンカが始まっちゃうわけだ。

 

それが今回のテーマ、ノモンハン事件。

続きを読む

塘沽(タンクー)停戦協定、華北分離工作の目的をわかりやすく!華北ってどこよ

さて、満州事変を経て満州国という、難しい言葉でいえば傀儡国家が誕生した。いわば自分の思い通りに動く、操り人形みたいな国を作ったわけだ。

満州国を作ったとはいっても、無理やり作った形だから中国側は猛反発する。

 

それでも日本はお構いなしに、満州国の範囲を広げようとゴリゴリ中国側に攻め入っていく。

今回はそんな日本と中国の、双方の思惑について見ていくよ。

 

キーワードは、「塘沽(タンクー)停戦協定」「華北分離工作」だ。

続きを読む

満州事変とは?原因は?簡単にわかりやすく

今回見ていくのは「満州事変」。

満州とは、現在の中国東北部の地名で、日本は満州事変をきっかけにここに満州国という傀儡国家をつくったよ。

傀儡国家と言うのは、見た目は独立しているけど、実際には他の国にから支配されている国家のことを言うよ。

満州国は現在上映されている、映画『ラストレシピ』でも取り上げられているね。

続きを読む

張作霖爆殺事件とは?目的、場所もわかりやすく

テレビショッピングなんかで「いまから1時間限定!!」とか「これを逃がしたらもう手に入りません!」とかやっているけれど、緊急性をつくりだして、相手の判断を鈍らせるという作戦なんだ。

僕なんかは人が勝手につくりだした緊急性にはまりやすいから、欲しくもないのにどうしようと悩んでしまう。

 

続きを読む

関東州とは?満鉄とは?場所を確認 日露戦争後の満州経営

歴史って今学んでいることと過去との出来事との関連が見えなくなってしまうと、学んでいてうんざりしてくるよね。

今回は満州経営について書いていくけど、この地域は日本が攻め入って奪った場所ではないんだ。

まずはポーツマス条約を確認してから本題に入ろう!

それじゃあ、始めるよ!!!!

続きを読む