宿場(宿駅)ってなに?江戸時代の宿事情を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

前回は、『五街道』について解説してきたね。

 

『五街道』の一番の存在理由は、大名などの移動のためだね。一応大名優先なんだけど、もちろん一般人も使うことができた。

 

今回は、そんな幹線道路に付随して存在した「宿場」について見ていこう。

 

宿場(宿駅)って?

ところで、みんなはどこかへ車で旅行へ行ったことがあるだろうか?

 

高速道路で長距離の移動をするときはサービスエリアパーキングエリアに寄るよね。

 

現代の移動は車だから、どんなに時間をかけても東京から京都まで一日あればついちゃう。

 

でも江戸時代の移動手段は馬や駕籠、あるいは徒歩だから一日で移動できる距離は限られている。

 

街灯がないから夜道を行くのも危険。

 

だから道中何回か「宿泊する」ということが必要なわけだ。

 

 

そこで必要になってくるのが「宿場(宿駅)」というわけだ。

 

宿場にはどんなものがあるの?

 

宿場には、宿泊設備をはじめとした「江戸時代の旅に必要なモノ」が一通り揃っている。

 

そのなかで宿泊施設としては

  • 本陣・脇本陣
  • 旅籠(はたご)
  • 木賃宿

といったものがある。

 

・本陣・脇本陣

本陣は、大名や公家・幕府の役人など、「お偉いさんたち」が宿泊する場所。

お偉いさんようだから、お高い雰囲気の宿になっている。

その地域の名主や問屋が兼業でやっていることが多い。

 

脇本陣は「ややお偉いさんたち」が泊まる場所。本陣の補助的なものだ。

 

・旅籠

旅籠は、宿場にある一般庶民用の宿。

本陣や脇本陣に比べれば簡素な作りで、食事も出る。

 

 

・木賃宿

木賃宿は、旅籠のさらに簡素版で寝る場所を提供するだけ。

食事は薪代だけ支払って自炊、という宿で料金も安い。

 

 

 

まとめ

 

宿場と一言にいっても、官僚用から一般人用までさまざまあるんだね。

 

次は宿場にあるその他の機能について見ていくよ。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*