鎌倉時代の「守護」「地頭」の違いって?なぜ設置されたの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

源頼朝によって誕生した、鎌倉幕府。

これまでの貴族的な社会とは全く違う、新しい「武士」たちによる社会が生まれた時代でもある。

 

となると、当然これまでの平安時代や院政時代の仕組みと全然違う制度なり習慣なりが出てくるわけだ。

 

で、鎌倉幕府の仕組みで最も重要なものの一つが、「守護」と「地頭」

鎌倉時代を見ていく上で絶対外せないワードだから、ここをしっかり理解していこう。

 

守護・地頭は「警察」と「管理人」だ!

 

まず守護と地頭っていうのが、どういう役割を持っていたのかを見ていこう。

 

守護の役割は、担当地域(国とよぶ)の“警察”のようなもの。

当時の「国」っていうのは今でいう都道府県みたいなものと考えていい。

 

要するに鎌倉時代には都道府県一つ一つに国を守ってくれる「警察」が置かれていた、ということだね。「守護」って名前の通りだ。

 

勘違いしがちなんだけど、守護はあくまで「警察」であって、戦国時代の武将のようなその地域の「支配者」ではないから注意してね。

 

次に地頭

地頭の役割は、公領・荘園の管理人。

公領っていうのは“朝廷が持ってる土地”のことで、荘園は“お寺や神社が持ってる土地”ね。

 

地頭は、この公領・荘園に配属されると

  • 土地の管理
  • 治安維持
  • 年貢の徴収・納税

といった仕事をする。

この仕事はまとめて「地頭職(じとうしき)」ともいう。

 

この地頭も「公領・荘園の支配者」ではなくてあくまで「管理人」ってことをお忘れなく。

 

ただ、地頭はある乱がきっかけで“権力”や“立場”がだんだん変わっていくんだけど、それはまた後日くわしく説明するね。

 

なんで守護と地頭は設置されたの?

 

守護や地頭は、もともと頼朝が平氏を追い詰めていく最中に置かれていったものなんだ。(当初は守護のことを惣追捕使(そうついぶし)、地頭のことを国地頭(くにじとう)とよんだ)

 

逃げる平氏を追っかける源氏は、行く先々で頼朝の部下である守護や地頭を「平氏を追い詰めるためだ!」という理由で各地に配属していった。

当初は平氏を滅ぼすまでの期間限定の役職だったんだけど、頼朝がのちに(半ば無理やり)守護と地頭を存続させた。

 

それはなぜか。

 

守護・地頭設置の最初の目的は「平氏討伐のため」だったんだけど、討伐後は頼朝による「全国支配を維持」する目的で置かれ続けることになったから。

 

守護と地頭は、鎌倉幕府の支配力維持に最も重要だったと言っても過言じゃない、というわけだ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*