尊王論、攘夷論を簡単に。尊王攘夷論とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は、幕末の武士たちに大きな影響を与えた学問、水戸学について見てきたね。

 

そこで重要となったのは、「尊王論」「攘夷論」と、それを組み合わせた「尊王攘夷論」が生まれたことだったよね。

 

今回は、この「尊王論」と「攘夷論」、「尊王攘夷論についてざっとおさらいしていくよ。

 

尊王論、攘夷論って?

 

尊王論

「尊王論」はもともと、中国の儒教から生まれた思想だ。「王者を尊敬する」という考え方だ。

日本では、この「王」に当たるのが天皇になっている。

 

つまり「尊王論」は“天皇を尊ぶ”という思想なわけだ。

具体的には、天皇は神聖なもので絶対的な権力があるとする考え方で、これはもともと古代日本の思想。

これが江戸時代に発達した国学によって「天皇を崇拝する古代最高やん!」という研究が為され、再興したわけだ。

 

攘夷論

攘夷論は江戸時代後期に生まれた考え方。

ヨーロッパが日本に進出してくるのを排除しようという思想で、これは水戸学から発生したものだったよね。

 

この根底には、儒学の「華夷(かい)思想」というものがある。

“朱子学こそ正しい学問!他の儒教はみんな邪悪な学問だ!”として他の学問を排除しようとした思想。

これを、日本と欧米諸国に置き換えたのが攘夷論だ。

尊王攘夷論

尊王論と、攘夷論、この二つがくっついて誕生した日本独特の思想のひとつだ。

「日本の神である天皇を尊ぶ!近づくヤツはぶっ飛ばす!」という思想に変貌していったわけだ。

 

まとめ

尊王攘夷論の思想は、幕末から明治維新にかけて一番重要な、カギとなる思想だ。

しっかり押さえておこう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*