千利休は茶道を大成した偉人!意外過ぎるその最後とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

さあ、今回からは桃山文化に隆盛を迎えた「侘茶(わびちゃ)」について見ていくよ。

まずは、この侘茶を大成させた茶人・商人の千利休を知ろう。

千利休ってどんな人物?

利休は、大阪・堺にあった魚問屋、『ととや』という商家の息子として生まれた。

この堺という町は世界と貿易を行う中心地で、戦国時代においても商人たちが自治をしていたほどだった。

 

そんな堺の中でも、利休の生まれた家は上層商人だった。

当時商人は、優れた教養を身に着けた文化人としての役割もあったので、利休も教養をつけるべく16歳で茶道を志す。

 

「茶道の洗練者」とも呼ばれる武野紹鷗に侘びの精神を学び、茶人となる。

安土桃山時代において「茶の湯」は

安土桃山時代の天下人といえば織田信長や豊臣秀吉らだけど、この二人は非常に茶の湯(茶会)を重要視した。

そのため、茶人であった利休は信長や秀吉に重用されるようになり、地位はおのずと上がっていった。

 

特に秀吉は茶の湯を重視していて、自分で金ぴかの茶室を作ってしまうほど。

その秀吉ですらも一目置いていた利休は政治的な発言力も強く、「秀吉に意見できるのは利休しかいない」とまで言われた。

利休の最後

しかし、その利休と秀吉の関係もやがて綻びはじめる。

政治的な意見のすれ違いから関係が悪化し、なんと秀吉は利休に切腹を申しつけてしまう。

 

秀吉は堺での貿易の利益を独占しようとし、堺に重税をかけるなど圧力を強めたことに利休が反発したことが対立のきっかけだったという。

 

その後利休は京都から追放されるものの、秀吉から「一言俺に謝れば許してやるぞ」といった。

しかし利休はこれを拒否。

 

ブチ切れた秀吉は利休の切腹を命じ、使者がその旨を利休に伝えに行った。

すると利休は「茶の支度ができております」といって使者たちに茶をふるまい、一呼吸ついたのち切腹したという。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*