西郷隆盛がしたことと西南戦争。征韓論での下野が転機。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今回は、維新の三傑西郷隆盛についてだ。

俺らが良くしっている西郷隆盛の顔ってごっつい眉太だけど、実際はそこそこのイケメンだったらしいよ。西郷隆盛は暗殺を恐れて、なるべく顔を出さないようにしてたんだって。

だから、今の西郷隆盛の顔って想像で書かれたものなんだとか。

 

今日は俺も大好き!西郷どん。がしたことをまとめてみようよ。

定期的に人物に絞って、したことをまとめておくから復習のつもりでよろしくな。

西郷隆盛がしたこと

 

出身:薩摩

西郷隆盛を知るには、1866年の薩長同盟の前と後で分けるとわかりやすいよ。
1866年より前は、薩摩は会津とともに幕府と公武合体の動きを進めてたわけ。だから、長州ってのは「攘夷のやべぇやつ」で薩摩の西郷隆盛は江戸幕府側について、禁門の変や長州征伐をしているんだよ。

禁門の変ってのは長州が京都で暴れた事件だったよね。これを機に江戸幕府は長州をこらしめてやろうと、西郷隆盛を長州征伐のリーダーに命じるんだけどさ・・・

「これで長州を倒したら、江戸幕府の力を増長させてしまう!!」

と思い、第一次長州征伐は穏便に済ませたわけ。これは前年に会っていた勝海舟の影響が大きいんだったね。

この流れから、江戸幕府を討幕する方針になり、長州と薩長同盟を結ぶよ。

戊辰戦争では旧幕府軍と戦ったわけだけども、勝海舟と会見し江戸を無血開城させることに成功するよ。

そして、戊辰戦争後はご存じのとおり王政復古 → 明治維新という流れだね。

 

西郷隆盛は廃藩置県でもリーダーシップを発揮しているんだけど、不満を漏らす士族の受け皿的な存在でみんなを丸め込んでいったんだよね。

征韓論に関しては、板垣退助が「武力で韓国を開国させよう!!」としているのに対して、旧例にならって西郷隆盛が大使となって交渉しに行くことを提案したんだよね。

でも、岩倉使節団から帰国した大久保利通、木戸孝允、大隈重信らに反対されて下野するよ。

 

鹿児島に戻った西郷隆盛は私学校を作って、将来の日本を担う人材育成を始めるんだけど、

士族が明治政府に対して反対している様子を見て、自分自身も西南戦争のリーダーとして明治政府軍と戦うよね。そして自刃する。

 

ここまでが大学受験に必要な西郷隆盛の知識だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

当ブログの有効的な使い方

「大学受験の日本史を極めるブログ」は使い方1つで、結果が大きく違ってきます。

・国公立・早慶レベルまで知識を深めるには?
・知識を定着させるアウトプットの方法は?
・良くわからない時はどうしたらいいの?

そんな悩みを解決する、当ブログの使い方をじっくり読んでみてください。

当ブログの使い方はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*