領事裁判権・治外法権の違いについてわかりやすく説明するよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

治外法権と領事裁判権って聞いたことあるよね。

正直、俺は高校3年生の時に治外法権と領事裁判権の違いが良くわかってなかったよ。だから、テストの答えに、「なんで治外法権じゃねぇんだよ!!」「なんで領事裁判権じゃねぇんだよ!!」

とブチ切れそうになったのを今でも覚えているよ。君は大丈夫。僕がいるから。安心して?

 

わかりやすく説明するけど、もしわかんなくなったらいつでもコメントしてよ、待ってるぜ?

治外法権と領事裁判権の違い

 

治外法権とは!!

治外法権ってのはさ、その国の立法・司法・行政の三権が及ばないことを言うんだよ。

日本なのに、日本の三権が完全には及ばないで、外国の法によって治めることができるってことだね。だから、アメリカ人が日本にいても日本のルールに従わなくても良かった!ってわけ。

これが、 ち が い ほ う け ん !!わかったかな?

領事裁判権とは!!

外国人が日本で罪を犯した場合にね。日本の法律じゃないの、裁くのは。

日本に住んでいる領事(外国人)が裁判の権利を持っているわけ。だからアメリカ人が日本で犯罪を犯したら、アメリカの法律でもってアメリカの領事がそいつを裁くわけ。まぁ考えればすぐわかるけど、そのアメリカ人に良いように裁判するよね。他国にいるから、母国にバレないし。

 

だから、領事裁判権ってのは治外法権の一部だと考えるとわかりやすいよ。

領事裁判権 < 治外法権

こういったイメージだね。

いや~俺はね。これがなかなか理解できなかったのよ。

だからテストで、治外法権を書けばいいのか領事裁判権を書けばいいのかわからなかったね。でも簡単、治外法権は三権が適用されないことで、領事裁判権はその国の領事が裁判を行う権利のことだから。

 

 

で、こっからは復習になるよ。

江戸幕府の大老井伊直弼は1858年にアメリカと日米修好通商条約を結んだよね。その後、安政の五カ国条約でもってオランダ、ロシア、イギリス、フランスとも修好通商条約を結んだね。

井伊直弼は孝明天皇の勅許無しに勝手に条約を結んだわけだ。

 

で、この条約は不平等条約だったから。

日本は領事裁判権を認めてしまったわけなんだよね。

「もし、私めの国でそちらのお国の方が罪を犯されましたら、その暁には、そちらのお国の法律でそちらの方が裁いてくださいませ!!」

ってことだね。この不平等条約を改正するために明治政府は頑張るわけだ。

さぁ、治外法権と領事裁判権の違いがわかったかな?

もち良くわからない場合は、この記事を5回読んでみてそれでもわからない場合はコメントをおくれ。

僕はいつでも君と一緒だよ。ビーウィズユー!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

当ブログの有効的な使い方

「大学受験の日本史を極めるブログ」は使い方1つで、結果が大きく違ってきます。

・国公立・早慶レベルまで知識を深めるには?
・知識を定着させるアウトプットの方法は?
・良くわからない時はどうしたらいいの?

そんな悩みを解決する、当ブログの使い方をじっくり読んでみてください。

当ブログの使い方はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*