両替商の仕組みは?利益はどうやって出してたの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

さて、これまで江戸時代に使われていた貨幣についていろいろと見てきた。

 

前回のところで、「江戸では金」「上方では銀」「庶民は銭貨」としてある程度使い分けられていた、と言ったね。

 

そうすると大坂から江戸では使っているお金が違うので「両替」をする必要がある。

同じ国の中なのに両替ってちょっと意外だよね。

 

今回は、彼ら両替商の仕組みや、どうやって利益を出していたのかを詳しく見ていこう。

両替商の種類

 

そもそも両替商ってどんな仕事をしていたのか。

 

もちろん金銀の両替業務が主だったけど、これだけでなく「為替」「貸付」といった業務もやっている。

驚くべきことに江戸時代ですでに現在のような「変動相場」で金銀が取引されていて、その為替業務を両替商が行っていたんだ。

 

銀行の先駆けだね。

 

両替商には以下の三つがある。

 

本両替

金銀の交換から貸付業務や為替業務を担当した。幕府・諸藩の金融機関としても機能していたよ。

有名なのは三井・三谷・鹿島屋など。

 

十人両替

基本的な業務内容は本両替と同じだけど、十人両替は大坂を支配していた両替商軍団。

天王寺屋、平野屋、鴻池屋など。

 

 

銭両替

別名は銭屋で、金や銀と銭貨を交換することを主な業務としていたよ。

少額の両替を担当していて、主に江戸に存在していた。

 

 

両替商はどうやって儲けていたの?

 

両替商の収入源は、「手数料」。

小判から一分金など細かいお金に両替するとき、切賃と呼ばれる手数料が発生。

大体1~2パーセントくらいの手数料。

 

金座や銀座のほど近くに大量の両替屋が集まっていたため、「両替町」と呼ばれるようになるんだ。

まとめ

 

江戸時代に発展した両替商は、やがて日本の「銀行」になっていく。

三井、とかは今でも名前が残ってるよね。

銀行の先祖に当たる職業だったんだよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*