モッセと山縣有朋の市制町村制と府県制郡制。

立憲政治への準備は進むよ。

このモッセも俺にとってなかなか感慨深い人物でね。高校3年生の12月に生まれて初めて予備校に通ったのよ。冬期講習ってやつと直前対策でね。

日本史は近現代史が苦手だったから、明治維新以降の授業を取ったんだけど人気の無い先生でね。生徒3人しかいなかったの。だから、結構当てられちゃってさ。モッセ答えられなかったんだよね。

悔しくて悔しくてね。参考書を投げながらモッセ!って叫んだよ、俺は。

今日はそのモッセによる市制・町村制だよ。

続きを読む

伊藤博文による内閣制度とは?太政官廃止のお知らせ。

伊藤博文は憲法の発布に向けて準備を進めるよ。

1882年にヨーロッパに渡り、シュタインやグナイストにドイツの憲法について色々教えてもらったね。条約改正に意気込む日本は、近代国家として認められるために憲法制定が急務だったわけだ。

そして、新しく制定する憲法にそぐうように内閣制度というものも作りあげていくんだよ。

そう、太政官廃止のお知らせです。

続きを読む

ロエスレルと井上毅(いのうえこわし)が憲法起草の中心人物。

今日も立憲政治の設立の初期だね。

伊藤博文はヨーロッパに憲法を勉強するために1年以上滞在して、シュタインやグナイストに憲法のあれこれを教えてもらったよね。

そして実際に憲法の起草に当たる人物がこのロエスレルや井上毅なんだよ。

今日は憲法起草に当たった人物について見てみようか。

続きを読む

グナイストとシュタインから伊藤博文は憲政を学ぶ。

さて、これからどんどん立憲政治が始まるよ!

明治維新 → 自由民権運動 → 立憲政治

この3つの流れが明治時代の一大政治イベントだね!でもって、これを暗記していくのが大変なわけだけど、流れをしっかりと理解していきながら、覚えていこうよ。今日はシュタインとグナイストだぜ!

続きを読む

明治時代の華族令の目的とは?五階は公候伯子男!

さて、1881年に「1890年を期に国会開くよ!」という国会開設の勅諭が出されたね。

自由民権運動が収まるかと思いきや、松方デフレや条約改正問題でもって自由民権運動は激化するんだよ。

そんな中、将来の議会に向けて、華族令という新しい制度もできたんだよ。これにはいろんな目的があったから見てみようね。

続きを読む

保安条例とは自由民権運等を弾圧するためのもの。

さて、今まで三大事件建白運動と大同団結運動をやったね。

三大事件建白運動は井上馨の外国政策に対する批判を皮切りに起きたもので、この三大事件建白運動に呼応して大同団結運動が高揚したんだよね。

これらの自由民権運動に対しての明治政府の取り締まりが、保安条例だよ。

続きを読む

三大事件建白運動は井上馨への批判から始まる。

今日は、三大事件建白運動についてだよ。

今までずっと自由民権運動について学習してきたから、この流れで大同団結運動、三大事件建白運動とやってきたんだけども、条約改正については別の機会でじっくり話すから待ってて。

井上馨の条約改正に対して、反発して起きたのがこの三大事件建白運動なんだわ。

なぜ反対したのかなー、という気持ちを持ったまま、別の機会での条約改正案を楽しみにしててね。

続きを読む

名古屋事件と飯田事件と大井憲太郎の大阪事件!

自由民権運動の激化事件はまだまだ続くよ。

こんなに覚えないといけないんかい!と受験生としては辛いところだけど、最大規模の秩父事件を1つの区切りとするといいよ。

高田事件、群馬事件、加波山事件 → 秩父事件 → 名古屋事件、飯田事件、大坂事件、静岡事件

といったところかな。ここで1番重要なのが激化時間が全国に広がっている!ってことなんだ。明治政府にやられても諦めない!ってことはそれだけ・・・ってことだからね。

続きを読む

秩父事件での困民党田代栄助!自由民権運動最大の激化事件

今日は自由民権運動最大の激化事件、秩父事件だよ。

秩父事件は個人的にとても思い入れのある事件でね、秩父事件で困民党の総裁になったのが田代栄助って人物なんだけど超マイナーなのね。

もちろん一問一答とかにも出ていないような名前だわ。用語集でも2用語だし。でも俺は受験生の時に日本史極めてたから、もちろん覚えていたのね。

そしたら、早稲田の入試で出たんだよ!!!田代栄助が。

いやー、やっぱり極めるってのは大事だね。ってことで今日は秩父事件だぜ!テンションあがるぜ!!

続きを読む