弥生時代の農具って?鉄製の農具も登場!

前回は、弥生時代の水稲耕作について見てきたね。

初期は田んぼが湿田だったり、苗を使わず直播だったり・・・。

 

弥生時代後期になってくると、だんだんと現在の稲作に近い形になっていったよ。

 

ところで、田んぼを耕すと言ったらやはり「農具」が必要になってくるよね。

鍬(くわ)とか鋤(すき)で土をならしたり、稲穂を刈る道具やコメの脱穀をする道具も必要だし・・・。

 

今回は弥生時代の「農具」について見ていくよ。

続きを読む

縄文時代の特徴的な風習~抜歯・屈葬~

前回は、縄文時代にあった「呪術」について見てきたね。

シャーマンという呪術師の存在や、土偶を用いた呪術などが行われたりしていたんだったよね。

 

今回は縄文時代の特徴的な風習について見ていくよ。

続きを読む

縄文時代の原始的な信仰「アニミズム」ってなんだ?

今回はこれまでの話とはちょっと違った話題について見ていこうと思う。

 

ずばり「縄文時代の信仰」についてだ。

縄文時代のころには当然キリストも生まれていないし、ユダヤ教もまだできていない。

そもそも「宗教」というもの自体がなかった。

 

そんな縄文時代で形成された考え(思想)が、アニミズムだ。

詳しく見ていこう。

続きを読む

縄文時代の「漁労」についてわかりやすく。骨角器って?

前回見てきた「貝塚」にもちょっと関係することなんだけど、縄文時代に生きた人々は、陸地での採取や狩猟のほか、海で海産物(貝など)を獲る「漁労」も行っていた。

 

今回は、そんな漁労に関するあれこれについて見ていくよ。

続きを読む

貝塚は古代研究の切り札!?貝塚をわかりやすく

前回は、縄文人たちの住居である「竪穴住居」について見てきたね。

地表に建てるよりも効率的で、かつ温度もある程度一定という非常によくできた住居だったわけだ。

さて、今回は「貝塚」という古代の研究上とても大切なモノについて見ていくよ。

続きを読む