賀茂真淵は荷田春満の弟子!国意考の著者、国学者

前回は、国学を発展させるのに一役買った国学者荷田春満(かだのあずままろ)について見てきたね。

 

今回は、その春満の弟子であり同じく国学者の賀茂真淵ついて見ていくよ。

賀茂真淵は、契沖や春満よりもさらに復古思想が強い。より復古神道を強めていった人物だ。

 

続きを読む

稲村三伯は「芝蘭堂の四天王」!『ハルマ和解』ってなんだ?

前回は、蘭学者であり医者であった大槻玄沢について見てきたね。

玄沢は江戸に芝蘭堂を設立し、そこで蘭学をおしえていたんだったね。

 

その芝蘭堂から排出された優秀な弟子たちは『芝蘭堂の四天王』と呼ばれた。

今回は、その『芝蘭堂の四天王』の一人・稲村三伯について見ていくよ。

 

続きを読む

大槻玄沢は芝蘭堂を設立!解体新書の訳し直しも

前回・前々回で、解体新書の作成に貢献した前野良沢、杉田玄白について見てきたね。

『ターヘル・アナトミア』翻訳当初のオランダ語学力では奇跡といえるほどの翻訳精度を誇った『解体新書』だけど、良沢や玄沢が自分で言っているように「翻訳が正しくない部分」が多々あった。

 

それの再翻訳を命じられたのが、玄白と良沢の弟子・大槻玄沢だ。

続きを読む