河竹黙阿弥(もくあみ)は世話物の達人!

前回は、怪談物や生世話物の重鎮・四代目鶴屋南北について見てきたね。

『東海道四谷怪談』は非常に有名な作品になったんだったよね。

 

今回は、化政文化を支えた歌舞伎作家の一人・河竹黙阿弥について見ていくよ。

 

続きを読む

見世物小屋ってなんだ!?蛇女って・・・?

前回は、歌舞伎の舞台である「芝居小屋」について見てきたね。

舞台装置が時代の変遷と共に進化して、大型化したんだったよね。

 

今回は、「見世物小屋」という、ちょっとダークな施設について見ていこう。

 

続きを読む

江戸時代の舞台がすごい!芝居小屋の舞台装置とは。

前回まで、化政文化の絵画について見てきたね。

ヨーロッパにまで大きな影響を与えた葛飾北斎歌川広重、ユニーク&ユーモラスな作品を数多く生みだした歌川国芳などがいたよね。

 

今回からは、化政文化を支えた「芸能」分野に入っていくよ。

まずは、歌舞伎の舞台について。

 

続きを読む

歌川国芳はタイムトラベラー?気になるスカイツリーのヒミツ

前回は、化政文化を大いに盛り上げた画家の一人、歌川広重について見てきたね。

広重の描いた『東海道五十三次』は、その構図の大胆さや色使いで国内外で旋風を巻き起こしたんだった。

 

今回は、現代でも非常に話題となった浮世絵師・歌川国芳(くによし)について見ていくよ。

 

続きを読む

歌川広重の作品の特徴とは?『東海道五十三次』の与えた影響【前編】

前回は、化政文化を代表する浮世絵師の一人、葛飾北斎について見てきたね。

北斎は、富士山を描いた風景画シリーズである『富嶽三十六景』で浮世絵師としての地位を確立し、さらにはヨーロッパの名だたる画家にまで影響を与えたんだったよね。

 

今回は化政文化を支えたもう一人の浮世絵師・歌川広重について見ていこう。

続きを読む