近藤重蔵は「大日本恵登呂府」の柱を立てた!

前回まで2回に分けて、蝦夷マスター:最上徳内について見てきたね。

 

何度も蝦夷に足を運び、アイヌとの交遊も深かった、まさに蝦夷に生きた男だったね。

 

今回は、蝦夷探検で有名な3人のうちの1人、近藤重蔵について見ていくよ。

続きを読む

最上徳内は蝦夷地探索の最大功労者!その人生がすごい。【前編】

前回からは未知との遭遇、もといラクスマン来航について見てきたね。

幕府にとってロシアとの初接触となったこのラクスマン来航では、貿易交渉は失敗したものの双方得るものがあったんだったね。

 

今回からは日本でロシアに一番近い地域、「蝦夷地(北海道)」を探索した功労者に迫るよ。

蝦夷地探査最大の功労者。

最上徳内、近藤重蔵、間宮林蔵と、有名な蝦夷地探索の功労者は何人かいるけど、一番蝦夷地探索に貢献したのは、最上徳内だ。

 

生まれは貧しい農家だったんだけど、数奇な人生を歩むことになる。

 

徳内は長男にもかかわらず、家のことを弟たちに任せて勉学に励んだ。

 

するとある時、当時勉強を教わっていた先生から「俺の代わりに蝦夷地の探検に参加しないか?」と言われ、荷物持ちとして参加。

 

ちなみにこの蝦夷地探索は、田沼意次が実施したものね。

 

ここから徳内の激動の人生が始まるんだ。

アイヌ、ロシア人と交友関係を深めた数少ない人物

徳内は蝦夷地に行くと、蝦夷地のあちこちを探索するとともに、先住民であるアイヌと親交を深めていく。

今は北方領土と言われている、国後島や千島列島、択捉島にもアイヌに案内してもらって行くことができた。

 

また、択捉島に住んでいたロシア人ともアイヌを通じて友好関係を築き、ロシア事情を学んだ。

 

このコミュ力、とんでもない・・・。

 

こうして徳内は蝦夷地探索の功労者として認められることになる。

 

前編まとめ

奉公先で学問を教えてくれていた先生の提案から、蝦夷探索の功労者とまで言われるようになった最上徳内。

しかし徳内の激動の人生は始まったばかり。

 

この後彼はなんと「牢獄」に入れられることになってしまう!

 

一体なぜなのか・・・。この続きは後編で。

ラクスマンが大黒屋光太夫を連れて根室上陸!目的は?

さて。今回はいよいよロシアからの使節がやってくるよ。

 

その人物こそラクスマン。ラックスマンとも言われている。細かすぎてどうでもいい違いだけど・・・。

 

彼は一体何をしに来たのだろうか。

 

詳しく見ていこう。

続きを読む

上杉治憲(鷹山)の藩政改革!上杉家の歴史をおさらい【前編】

藩政改革では、名君と言われる、改革を大成功させた人が何人か存在する。

 

前回は、細川重賢について見てきたね。

 

今回は藩政改革での活躍はもちろんのこと、「江戸時代屈指」と言われる名君・上杉治憲(はるのり)、またの名を上杉鷹山(ようざん)という人物に迫る!

・・・その前に。なんで米沢藩が酷い財政難に陥ってしまったのかを抑えておこう。

米沢藩の財政難は「関ケ原」までさかのぼる

 

上杉治憲は、米沢藩の9代藩主。

治憲は数々の改革を行うんだけど、そもそもなんで改革が必要だったのか。

 

大きな原因は、関ケ原の戦いで家康と敵対していたため。戦後大幅に領地を減らされてしまった。

 

これで一気に財政難に陥るんだけど、当時藩主だった上杉景勝は武士たちを全くリストラしなかった。

 

まあこれ自体はいい話なんだけど、藩の資金がガッツリ減った中で人員はそのままだから藩の財政難が一気に加速する。

 

続く上杉家(米沢藩)の苦難

泣きっ面に蜂とはこのことで、米沢藩の跡継ぎが生まれる前に3代藩主が死んでしまった。

 

当時家を継ぐ者がいない場合は家を取り潰しされてしまうことになっていた。

 

この危機は親戚の保科正之(江戸屈指の名君と言われたあの人ね)によって救われる。

しかしこのお家取り潰し騒動によってさらに領地を減らされてしまう。

 

その後も無能な藩主続きで財政はもはやガッタガタ。それでも武士はリストラしなかった。熱い義の精神が根付いていたんだろうか・・・。

 

そんな窮地に登場したのが、上杉治憲だったわけだ。

前編まとめ

 

立て続けに大きな問題が重なり、米沢藩はもはや立ち直れるか分からないほどの財政難に陥っていた。

上杉治憲は、いったいこの苦難をどうやって乗り越えるのか。

 

後編でその内容に迫るよ。

細川重賢は熊本の藩政改革を主導した名君!

前回は、藩政改革の概要について見てきたね。

藩の経済を大改革して、財政難を乗り切ろうとしたもので、成功した藩もあれば失敗して崩壊する藩もあった。

 

今回は藩政改革に成功した藩の中から、熊本藩の名君と称えられる細川重賢(しげかた)について見ていくよ。

続きを読む

藩政改革で生まれた「雄藩」ってなに?成功した藩、失敗した藩

今回見ていくのは、幕府ではなく、藩。

 

江戸中期あたりから、各藩は財政難を乗り越えるため、財政を再建するために数々の改革を行うようになる。

 

この改革が大成功した藩は大きな力を持つようになり、幕末では「倒幕運動」にも関わる需要なものになっていく。

 

今回は藩政改革について、その概要を説明していくよ。

続きを読む

林子平は『海国兵談』の著者!松平定信に疎まれた?

前回まで、寛政の改革についてじっくり見てきたね。

寛政の改革では人足寄場や囲米。七分積金というような良い法令も出た一方、寛政異学の禁をはじめとする時代錯誤的な政策も多くあった。

そのため、僅か6年ほどで失脚する羽目になっちゃう。

 

今回は寛政の改革からはちょっと離れて、ある人物が書した『海国兵談』という本にまつわる話。

続きを読む