シーボルト事件を簡単にわかりやすく。シーボルトはスパイ?【前編】

前回は、日本にやってきたドイツ人医師。シーボルトについて見てきたね。

 

長崎で日本の植物について研究を進める傍ら、鳴滝塾を開いて高野長英ら蘭学者らと関係を持っていたんだったよね。

 

そんなシーボルトだったけど、ある問題を引き起こす。

それが、「シーボルト事件」だ。

 

続きを読む

伊能忠敬が師事した高橋至時(よしとき)って?

前回は、伊能忠敬と彼が作った『大日本沿海輿地全図』について見てきたよね。

忠敬が全国を自分の足で回り、さらに天体観測を組み合わせたことで非常に詳細な地図が生まれたんだったよね。

 

今回見ていくのは、忠敬が師として仰いだ天文学者・高橋至時(よしとき)について見て行くよ。

 

続きを読む

平田篤胤は復古神道の大成者!明治に通じる思想とは

前回は、尊王攘夷論について見てきたね。

「天皇は神!欧米諸国は近づけさせねぇぜ!」という思想だったよね。

 

水戸学はこの尊王攘夷論の成立に一役買ったわけだけど、実は尊王攘夷論を支えたもう一つの思想があるんだ。

それが、平田篤胤(あつたね)が大成させた復古神道だ。

 

続きを読む

尊王論、攘夷論を簡単に。尊王攘夷論とは?

前回は、幕末の武士たちに大きな影響を与えた学問、水戸学について見てきたね。

 

そこで重要となったのは、「尊王論」「攘夷論」と、それを組み合わせた「尊王攘夷論」が生まれたことだったよね。

 

今回は、この「尊王論」と「攘夷論」、「尊王攘夷論についてざっとおさらいしていくよ。

 

続きを読む