大学受験の日本史勉強方法まとめ。【完全版】

このページでは、大学受験の日本史勉強方法【完全版】を紹介する。

まずは、自分がどのタイプなのかを判断しよう。

1、理解しないと暗記ができない。教科書を読んだり、説明を聞いたりすると日本史の勉強が捗る。

⇒ 理解重視タイプ!

2、教科書を読んだり、説明を聞いても頭に入らない。機械的に暗記していく方が向いている。

⇒ 暗記重視タイプ!

次に、自分の志望大学を判断しよう。

1、国公立大学志望

⇒ 流れや理解が重要!

2、私立大学志望

⇒ 暗記が重要!

まずは自分のタイプを把握して、適切な勉強方法を掴もう。

続きを読む

河竹黙阿弥は明治維新後非難を浴びる!?改名のナゾ

前回、河竹黙阿弥は江戸時代では「二代目・河竹新七」として活動していた、という話をしたよね。

しかし、教科書などに載っているのは「河竹黙阿弥」

 

なぜこのような改名をしたのか。

その謎に迫っていくよ。

続きを読む

河竹黙阿弥(もくあみ)は世話物の達人!

前回は、怪談物や生世話物の重鎮・四代目鶴屋南北について見てきたね。

『東海道四谷怪談』は非常に有名な作品になったんだったよね。

 

今回は、化政文化を支えた歌舞伎作家の一人・河竹黙阿弥について見ていくよ。

続きを読む

『寄席』の意味とは?吉本興業のルーツでもあるぞ!

前回は、江戸時代・庶民の娯楽の一つ、見世物小屋について見てきたね。

曲芸師の中には世界デビューした人もいたほどだった。

 

今回見ていくのは、これまた江戸時代の娯楽の一つ、『寄席(よせ)』についてだ。

続きを読む

見世物小屋ってなんだ!?蛇女って・・・?

前回は、歌舞伎の舞台である「芝居小屋」について見てきたね。

舞台装置が時代の変遷と共に進化して、大型化したんだったよね。

 

今回は、「見世物小屋」という、ちょっとダークな施設について見ていこう。

続きを読む

歌川国芳はタイムトラベラー?気になるスカイツリーのヒミツ

前回は、化政文化を大いに盛り上げた画家の一人、歌川広重について見てきたね。

広重の描いた『東海道五十三次』は、その構図の大胆さや色使いで国内外で旋風を巻き起こしたんだった。

 

今回は、現代でも非常に話題となった浮世絵師・歌川国芳(くによし)について見ていくよ。

続きを読む