ペリー来航の前にビッドルが来てるから!!

みんなペリーに注目し過ぎだよ。

確かに威厳あるよ。黒船でドーン!だし。「ペリー』って音もなかなか耳に残るしさ。髪形もおしゃれだし。

でもね、ペリーが1853年に来航する7年前にビッドルが来てますから!

今日はそんな、目立たない存在ビッドルにスポットを当ててお話するよ。たぶん天国のビッドルも喜んでるよ。ペリーばっかりもてはやされてたからさ。

続きを読む

オランダ国王ウィレム2世の開国勧告を幕府は拒絶!

アヘン戦争ばっかりでゴメンな。

でも、この出来事ってずっと鎖国を貫いてきた日本の方針を転換する皮切りとなった事件だし、当時の日本人にとっては戦々恐々どころか、今後のなりふりを考えなきゃいけない大事な出来事だからさ。

仲良くしていたオランダの国王までもが、日本に「もうさ、いっそ楽になって・・・開国しちゃえば?」「ユーしちゃいなよ!」と勧告しているわけなんだけども。このあたりの流れを復習しながらオランダ国王の話でもしようか。

続きを読む

天保の薪水給与令!アヘン戦争で異国船打払令を緩和しよう。

アヘン戦争で清がイギリスに負けたことは日本にとって衝撃をもたらしたって伝えたね。

大国だと思っていた、清がいとも簡単にイギリスに負けちゃうし、半植民地状態になっちゃう。でもって、「やっべー!西洋やっべー!」と思った幕府はオランダ風説書をグレードアップさせて、別段風説書を提出させたよね。

海外情勢をとにかくキャッチ!しないといけないからさ。

実はね、このアヘン戦争の結果ってのは日本の方針をも動かす結構な事件だったわけ。今日はそのこと話すから良く聞いてよ。

やっぱり日本史は用語覚えるだけじゃダメダメ!しっかりと理解して、知識を深めないとね。

続きを読む

オランダ別段風説書にアヘン戦争でグレードアップ!

さて、アヘン戦争がもたらした影響ってなかなかすごいんだぜ。

まずさ西洋の国々が東南アジアに侵略するきっかけになったわけじゃん。で、日本も戦々恐々としてたわけでしょ?

そんな日本の戦々恐々っぷりを示すのが、オランダ風説書からも見て取れるわけ。

続きを読む

恐るべし!南京条約の内容とアヘン戦争の影響

さて、前回は英国紳士の紅茶好きはアヘン戦争のおかげ!万歳!

と話した。実態はイギリス人の畜生っぷりをご紹介したわけだが、見事アヘン戦争に勝利したイギリスが清と結んだ「南京条約」もなかなかの畜生っぷりである。

まぁ日本史組は世界史組と比べて、内容の細かいところまで覚えておく必要はない。

・・・が、覚えておいて損はない内容だし、なんと!この条約が100年以上経って初めて変わったこともあるのだ、これは絶対にチェックしておくべきだ。

続きを読む

日本史の勉強方法は学校の先生にアドバイスを求めない!

日々、当ブログに日本史の勉強方法のアドバイスを求めてくれてありがとう。

私は大学受験の日本史に強い思い入れがあるので、君たちが真剣に向き合ってくれて喜ばしく思っている。

 

実は私は教育業界に10年以上おり、生徒達と触れ合う機会が非常に多いのだが、

あれやこれやと日本史の勉強方法を模索して、身につかないままコロコロ勉強方法を変える受験生を多くみてきた。

警鐘を鳴らす意味で、学校の先生にアドバイスを求めてはいけない理由を紹介する。

続きを読む

日本史一問一答のオススメ勉強方法!

覚えても忘れる、覚えても忘れる。

これが私が大学受験生の時に絶望した日本史一問一答の壁だった。しかし、勉強方法を確立することによって一問一答を完璧にし、日本史を得意教科にできた。

今回はオススメの勉強方法を紹介したいと思う。是非、この勉強法で一問一答を完璧にしてくれ。

続きを読む

大学受験の日本史勉強方法まとめ。【完全版】

このページでは、大学受験の日本史勉強方法【完全版】を紹介する。

まずは、自分がどのタイプなのかを判断しよう。

1、理解しないと暗記ができない。教科書を読んだり、説明を聞いたりすると日本史の勉強が捗る。

⇒ 理解重視タイプ!

2、教科書を読んだり、説明を聞いても頭に入らない。機械的に暗記していく方が向いている。

⇒ 暗記重視タイプ!

次に、自分の志望大学を判断しよう。

1、国公立大学志望

⇒ 流れや理解が重要!

2、私立大学志望

⇒ 暗記が重要!

まずは自分のタイプを把握して、適切な勉強方法を掴もう。

続きを読む

城下町をもっと掘り下げる!!

前回は「城下町」について見てきたわけだけど、今回はもう少しその内側、町の構造とか役割とかを見ていくよ。

 

重要だったのは、城下町は政治・経済・文化の中心であること!

全国には数々の城下町があって、江戸時代に人口が多かった地域は今でも大都市になってることが多いんだったね。

続きを読む