大戦景気とは?理由と影響

グローバル化なんていうけれど、経済が国際的に関係をもつ時代を世界は何度か経験しているんだ(歴史学なんかでは現在は第3次グローバル化と言っているほど)。

大戦景気も世界の経済が国際的になっていたから起こりえた。

 

でも、経済の国際化はいい面ばかりではない。

今回はとりあげないけど、世界大恐慌も経済が国際的になってしまったから起こってしまったこと。

 

現在の経済の国際化でもほとんど対策がとれていないけれど、海外の変化がすぐに国内に影響を及ぼしてしまうのが経済の国際化の特徴なんだ。

続きを読む

1901年、社会民主党の結成とは?

平等というのはとても難しい。

まず努力した人と努力しない人とが「平等」に同じ報酬をもらったら多くの人が「不平等」と思うだろう。

とはいっても、生まれてからすべての人が努力できる環境を与えられてきたわけではない。

 

小さいころから、家事や仕事しなければならないし、勉強する暇もなかったかもしれない。

努力したにもかかわらず親や周りの大人に否定されて、うまく努力することができなくなってしまったかもしれない。

続きを読む

シベリア出兵とは?わかりやすく ロシア革命後になぜ?

ナポレオンのロシア遠征といい、今回とりあげるシベリア出兵といい、ロシアは攻め入る敵に対しては相当強い。

 

やっぱり寒いのに慣れてないとロシアの領土内で戦うのは大変なことなんだろうね。

アメリカが共同出兵を呼びかけてロシアへ攻め入った時点で「ロシア終わったな」と思ったんだけど。

 

日本も島国だったおかげで江戸時代の終わりまであまり他国に攻められずに済んだし、気候や土地も国の強さに結構関係しているんだね。

 

それじゃあ、本題にはいるよ!

続きを読む

西原借款とは?なぜと目的をわかりやすく

金の切れ目が縁の切れ目という言葉があるね。

お金での関係はお金が無くなったら消えてしまうこと。

 

でもこんなことわざがあるということは、お金での関係って結構たくさんあるからなんだよね。

アルバイトをやったことがある人は、お金のために嫌な上司に我慢しながら働いたことってあるんじゃないかな。

続きを読む

石井・ランシング協定をわかりやすく 寺内正毅内閣

嫌いなひとが身近にいたとき、わざわざ直接「お前のことが嫌いだ!」とはいわないよね。

喧嘩になったら面倒だし、そんな時間があったら他のことに使いたい。

 

そんなときは言葉をわざわざつかうひつようなんてないよね。

そっけない態度をとったり、あまりかかわらないようにしたりすれば向こうも多少理解してくれて喧嘩をするようなことはあんまりしないはず。

続きを読む

二十一カ条の要求の内容をわかりやすく!目的と理由は?

「ついでに」してしまうことってよくあるよね。

友だちに怒ったときついでにいままでの恨みを言ってしまう。

先生に質問しにいったときについでにプライベートなことを聞いてしまう。

 

怒ったり、質問しに行くまでは大変だけど、それをしてしまえばあとは簡単。

いろんなことをいったり、聞いたりできるよね。

続きを読む

三国同盟 三国協商とは? 違いと日本の立場

第一次世界大戦をみていくうえで重要なのは、どこの国とどこの国とが戦ったのか?ということをはっきりさせること。

 

なぜかというと、日露戦争ののように2国間の戦争ではないから。

世界大戦というように世界のさまざまな国が参加しているんだ。

だからどのような対立状況なのかをしっかりと把握しないといけない。

 

それじゃあ、本題にはいろうか!

続きを読む

ジーメンス事件とは?わかりやすく 山本権兵衛内閣

最近ではお笑い芸人やタレントが選挙で当選したりしている。やっぱり選挙においても知名度や国民からのウケやすさっていうのはとても重要なんだね。

でも逆に言ってしまえば、印象が悪くなってしまうだけで政治家は国民からの支持がもらえなくなってしまうんだ。

 

こんかいみていく山本内閣も直接的には関係のない事件で印象が悪くなって総辞職に追い込まれてしまうんだ。

それじゃあ、はじめるよ!!

続きを読む

第一次護憲運動とは?原因と内容をわかりやすく

第一次護憲運動で桂園時代も終わるんだけど、この運動を成し遂げたのが民衆のデモ!

しかも天皇の私的要素と公的要素を別にするべきだ!という近代国家の原理に基づいたデモだったんだ。

 

もちろん国民にそんな感情があったのかはわからないけれど、少なくとも

「閥族打破(ばつぞくだは)」「憲政擁護(けんせいようご)」(あとで詳しくやるよ)

というスローガンにはそんな意味があったはず!

 

それじゃあ、これから政治的な発展を見ていこう!!

続きを読む

2個師団増設とは? 西園寺内閣と上原勇作

日露戦争のあとの歴史で注目すべきなのが政府に「金がない」ということ。

戦争で借金をたくさんしたし、増税をして国民を疲弊させたし、日露戦争後の不況で税収も減るし。

もう大変!!

 

それに加えて軍にお金をかけないと、列強諸国と戦ていけないし、支配されてしまうかもしれない。

続きを読む